まわせっ発元気!Vol.23 | 株式会社ジャストはご家庭からオフィスまで、安心で安全なお水をお届けします。

Better Water, Better Life

まわせっ発元気!Vol.23

歌う海賊団ッ!船長のうっちゃるがラジオ FM・NACK5でトーク。子育てを頑張るママ・パパたちを応援します!

monaka

  

 

「まわせっ発元気!」Vol.23

2017年3月7日 FM NACK5「monaka」にて放送されました「キャプテンうっちゃるの まわせっ発元気!」Vol.23♪ 歌う海賊団ッ!の船長・キャプテンうっちゃるさんと、monakaパーソナリティー・栗林さみさんとのトーク内容をお伝えいたします。


キャプテンうっちゃるさん(以下 船長): ヨーーホーーーー!俺様が「歌う海賊団ッ!」の船長、キャプテンうっちゃるだ!ヌハハハハハハハハ…!

栗林さみさん(以下 サミー): 船長~~!今日、3月7日は“3”と“7”で「サウナの日」なんだそうで…

船長: お、そうなんだ!

サミー: サウナと言えばね、“汗”ですけれども…船長はやっぱりライブとかで“汗”かいてるんじゃないですか?^^

船長: かいちゃってるねぇ~♪年間、80本以上やってるからな~ライブ!

サミー: や~たっぷり汗かいてますね~それはね(笑)

船長: かいてるよ(笑) でもね汗をかいてもさ、コンサートの後の“グリーティング”の時間を大切にしてるんだ♪

サミー: グリーティング?

船長: うん。親子と一緒に写真を撮ったり、握手をしたり、サインを書いてあげたりしてな!この時間が俺たちにとっても、パワーの源なんだ!!

サミー: だから頑張れるんですね♪

船長: そうそう。でも、汗かいてると冷えちゃうからさ^^;その処理も大変なんだけどな(笑)

サミー: え、そうなんですね実は…(笑)

船長: そんなコンサートが気になった人は…?“うっちゃる ラジオ”で検索してくれな!

サミー: あ…船長!今回も、茶色の小瓶が流れてきましたね…?

船長: 毎回茶色だなぁ!

『 ポンッ! 』

サミー: はい…。中見てみると…メッセージ、入ってました! ラジオネーム・つくばのゆうちゃんパパさんです…

『キャプテンに質問です!上のお姉ちゃんの時に、スマートフォンばかりを眺めていて、全く勉強しなかったんです。。そして今、下の娘も同じ状態です…。上のお姉ちゃんの時は遅かったですが、受験の一ヶ月前に強引に取り上げて、何とか受かってくれました。また、同じ事を繰り返さないためにも何か良いアドバイスお願いします。』

船長: なるほどな~。これ、今のお父さんお母さんは、スマホ問題ってけっこうあるんだろうなぁ!

サミー: 今…もう、みんな持ってますからね~スマホってね。

船長: ちなみに、サミーはいつぐらいから…スマホ?最初は何?

サミー: いや、最初はPHSを…小学校の時に持って。。だから、そうですね。スマートフォンは大学の時ですかね~。ま、でもけっこう小さい頃からね、携帯電話っていうのは持ってましたよね。

船長: それどうだったの?取り上げられたりはしなかったの?

サミー: 私の場合は、習い事とか行っていたので、ミュージカルとかもやっていましたし…

船長: あ、そんな頃からやってたの?ミュージカル!

サミー: そう…小さい頃からやっていたので、なんで、親がようは心配する訳ですよね?で、迎えとかにも来てくれたりもしていたので、そんな訳で連絡手段として必要だったから渡されてた。ただ、当時の携帯電話以上に、スマートフォンって今何でもできちゃいますもんね!

船長: そうだよな~~。

サミー: だから、ゲームとかもできますしね…。

船長: 夢中になっちゃうからなぁ。

サミー: そういう意味では難しいのかな。。

船長: でも、お父さんお母さんがお姉ちゃんの受験の前に取り上げた。で、合格した訳だよね?

サミー: はい。

船長: このお姉ちゃん、よく分かってるわけだ。

サミー: あ~無い方が良いというか、集中できたって事ですよね。

船長: 経験してるからさ?ここはさ、ご両親ばっかりじゃなくて、お姉ちゃんにちょっとお願いして、「あなたちょっと妹に、自分の経験談として、アドバイスしてあげなさいよ」って、お姉ちゃんからアドバイスするのも良い手なんじゃないかな?

サミー: そうですね。私も弟がいたりするんですけれども、弟はやっぱり私のことを見て、同じことをしてるなって思うんですよ。勉強の仕方にしても何にしても。

船長: そうでしょ?

サミー: なんで、やっぱりお姉ちゃんをある意味は尊敬している訳じゃないですけれども、自分の進む道の参考にしてるところはあると思うんですよね?そんな訳で、けっこう上の子から言われる言葉って、下の子はけっこう聞くんじゃないかなって思ったりしますね…。

船長: 良いよね?ちょっとじゃあ、お姉ちゃんの力を借りてみよう!

サミー: それ良いかもしれません♪つくばのゆうちゃんパパさん、ぜひやってみて下さい!そして?もう一通…

船長: ぴっちり二通ずつ入ってるないつも(笑)

サミー: そうですね(笑) ラジオネーム・さいたまタラレバ娘さんです…

『親バカだとは分かっていますが…私の、2歳になる娘が本当に可愛くて!街中でも、会う人会う人から“可愛いですね♪”と声をかけて頂いています。子供モデルに応募しようかなと思っていますが、うっちゃるさん!どう思われますか?』

船長: 子供モデルな…。お母さんが応募したいと思ってるんだから、まず一旦は応募しても良いかもね!

サミー: あ、それは良いですか?

船長: まぁ、応募をするってことも、お母さんにとっての経験になるだろうからな!

サミー: お母さん自身にもね…。

船長: ただ、2歳の娘が嫌がるかどうかはまた別問題だと思うんだよ。

サミー: あ、実際に応募をして、いろいろたぶんね…あるでしょうからね。撮影とか実際もしかしたらなるかもしれないですしね。

船長: 厳しいかもしれないしな…うーん。それはそれで、経験だからさ!ただ、“うっちゃるさんはどう思われますか?”ってことで、俺様だとしたら、外見と内面を磨くんであれば、今は内面を磨いてあげた方が良い時期なんじゃないかなぁと思うから。子役モデルをやったりとか、子供モデルをやったとしても、それがお母さんにとって、お母さんが判断して、この子にとって内面を磨いてくれるものだと思えば、やらせていいと思うし…これはどうかな?って思えば、スパっとやめちゃえば良いんじゃないかな?

サミー: なるほど…じゃあ、まず、一回は応募してみるのは“あり!”かもしれないけれども、ただ、その後また判断もう一回したら良いんじゃない?って事ですね?

船長: そうそう。お母さんの経験と、判断が大切になってくるからな!

サミー: 分かりました!船長~、アドバイスありがとうございました♪

船長: グラシアス~♪

♪今日の一曲 ~歌う海賊団ッ!の『エールをおくるぅ』~♪

mawase_hatugenki_02.jpg  

 


まわせっ発元気!過去の放送一覧はこちらからご覧になれます。