ウォーターサーバーの水の味は?おいしく安全な水を手に入れる

Better Water, Better Life
ウォーターサーバー・宅配水ならジャスト > 水のある暮らし > ウォーターサーバーの水の味は?おいしく安全な水を手に入れる

ウォーターサーバーの水の味は?おいしく安全な水を手に入れる

ウォーターサーバーの水の味は?おいしく安全な水を楽しむための豆知識。

ウォーターサーバーの水の味は?おいしく安全な水を手に入れる

ウォーターサーバーの水の種類は、大きく分けて天然水タイプと、純水(RO)タイプの2種類に分けられます。その味は、硬水か軟水かの硬度やミネラル成分によっても左右されます。一般的に、純水は雑味がなくスッキリしており、天然水はミネラル成分により、まろやかな味に感じる傾向があります。
ウォーターサーバーを自宅に導入すると、安心安全なおいしい水を冷水・温水で楽しめます。
また、コーヒーや紅茶などの飲み物をつくるときにも温水でサッと作れて便利です。

ウォーターサーバーの水の味は劣化するの?

お水にも賞味期限があることをご存知でしょうか。ウォーターサーバー(宅配水)の交換用ボトルやパッケージについても同じことが言えます。封を開けなければ数ヶ月持つものが多いですが、ウォーターサーバーにセットしてしまうと雑菌の繁殖は防ぎにくくなり、水の劣化は避けられません。劣化の進み具合はウォーターサーバーを置く環境によっても変わってきますが、例えば、ホコリが立ちやすい場所は条件が好ましくありません。メーカーが示す賞味期限は過ぎないようにしましょう。

常に口当たりの良いお水を求めるなら?

日本の水の多くは軟水にあたり、一般的に日本人の口には軟水が合っていると言われます。ミネラル分は少なめですが、飲みやすくサラッとしているのが特徴です。また、赤ちゃんのミルクを作るのにも硬度の高い硬水はよくないとされます。
水の飲み口にこだわる方は、水の温度にも意識してみて下さい。5~7℃くらいに冷えていると、より美味しく感じる温度とのことです。

お水で料理の味も変わる?

料理に使うお水が硬水か軟水かで料理の味にも影響があるそうです。これは、食材によってミネラル分の反応の仕方が違うためです。日本料理には、やはり硬度の低い軟水が合うものが多く、更にミネラル分を含まない純水(ピュアウォーター)は、水分以外の雑味がないので、料理の素材の味が引き立つと言われています。
例えば、味噌汁なら塩分が引き立ちます。味噌を減らして味の濃さを調整するなら結果的に減塩にもつながります。一方、苦みの強いコーヒーなら苦味が引き立ち、それが好みでなければ、別のコーヒー豆に変えることになるかも知れません。
お水にこだわるプロの料理人は、その水の特性を把握したうえで味付けをするそうです。
「素材の味にこだわりたい」という趣向なら、雑味のない純水(ピュアウォーター)がお勧めです。

ウォータースタンドならお水の味も選べます

ウォータースタンドは、高機能な浄水フィルターで水道水をろ過し、タンクにキレイなお水を溜めて、冷水・温水・常温水をいつでも使えるようにした新しいタイプのウォーターサーバーです。その浄水方法の特徴は、複数の大型フィルターを組み合わせた1つのフィルター・システムを構成しているところです。
フィルタータイプは大きく2種類に分かれ、逆浸透膜(ROフィルター)なら純水(ピュアウォーター)になります。また、ナノトラップフィルターならミネラルのまろやかさを感じられます。ウォータースタンドの利用料金は定額制で、お水が使い放題なので、飲料用だけでなく料理にも気兼ねなく使えます。利用シーンを考えてお水の味も選べます。