ウォーターサーバーにデメリットはあるのか?

Better Water, Better Life
ウォーターサーバー・宅配水ならジャスト > 水のある暮らし > ウォーターサーバーにデメリットはあるのか?

ウォーターサーバーにデメリットはあるのか?

ウォーターサーバーのデメリットを挙げるとしたら?

ウォーターサーバーにデメリットはあるのか?

ウォーターサーバーの導入理由で一番多いのが「おいしいお水を飲みたかったから」という調査結果があります。お水1リットル当りの金額は、およそ100円~150円くらいと決して安価ではありませんが、そのくらいの金額を出しても買いたい理由があるんですね。
ウォーターサーバーを自宅において維持するには、金額だけでなく別のコストも必要になってきます。ウォーターサーバーのメリットとデメリットを比べてみましょう。

ウォーターサーバーのメリットとデメリット

ウォーターサーバー(宅配水)は、交換用のお水がボトルやビニール製パッケージなどで自宅まで配達されてきて、専用のウォーターサーバーにセットして使います。
料金体系に関しては、「お水を定期的に購入する替わりにサーバーレンタル料金が無料」、「サーバーレンタル料金が有料でボトルの注文を自由に行う」、「サーバーのメンテナンスや交換が有料か無料か」、「解約時に料金が発生するかどうか」などを、各メーカーがそれぞれに定めています。
ウォーターサーバーのメリットとして候補に挙がるのは、安全性の高いお水が届くという安心、専用のウォーターサーバーで冷水・温水が便利に使えて時間短縮にもなる、そして、お水やコーヒー・紅茶などの嗜好品を「美味しい」と感じながら飲めるなどです。
一方、ウォーターサーバーのデメリットとして候補に挙がるのは、お水を使えば使うほど費用がかかる、お水の交換が大変、お水の在庫の置き場所が必要、お水の注文に気を使う、メンテナンスをしないと不衛生になる、サーバーの電気代がかかるなどです。 これらをメリットと感じるか、デメリットと感じるかは人それぞれですね。

ウォーターサーバーのデメリットを解消したウォータースタンド

ウォータースタンドは、従来のウォーターサーバー(宅配水)を知り尽くしたジャストがお勧めする新しいカテゴリーのウォーターサーバーです。
宅配水のお水は各メーカーの工場で作られて各家庭へ配達されます。ウォータースタンドはそのお水をご自宅で作れるようにしたものです。
こんなふうに従来のウォーターサーバーのデメリット候補を解消しています。

お水を使えば使うほど費用がかかる
料金が定額制でお水が使い放題です
お水の交換が大変
そもそも交換がなくお水を使った分は自動でつくられます
お水の在庫の置き場所が必要
そもそも在庫が不要です
お水の注文に気を使う
そもそも注文がありません
メンテナンスをしないと不衛生になる
専門スタッフが定期的にメンテナスをします
サーバーの電気代
従来のウォーターサーバーより省エネ設計です