ウォーターサーバーのカビ対策を知ろう!

Better Water, Better Life
ウォーターサーバー・宅配水ならジャスト > 水のある暮らし > ウォーターサーバーのカビ対策を知ろう!

ウォーターサーバーのカビ対策を知ろう!

ウォーターサーバーのカビ対策についての豆知識。

水のある暮らし

美味しいお水、安心安全なお水がメリットのウォーターサーバー(宅配水)もカビが発生してしまったら台無しです。そんなことにならないように、日頃のメンテナンスがとても重要です。ウォーターサーバーのどんな場所にカビは発生するのでしょう?気になるウォーターサーバーのカビ対策を把握しておきましょう

ウォーターサーバーのカビ、どんな時に発生する?

カビの元はふだん空気中に漂っていて、条件がそろうと発生します。 カビの発生条件は、(1)室温が10~35℃程度 (2)湿度が約80%以上 (3)酸素がある (4)ホコリやチリなどの有機物がある と言われています。
水がたっぷりあるところでは酸素がないので発生せず、湿めりきった空気の状態で時間が経つと発生することになります。
ウォーターサーバーはタンク内にたっぷりとお水を抱えていますが、ホコリやチリがはいっていきづらかったり、多くのウォーターサーバーの冷水タンクは10℃未満、温水タンクは80℃以上なので、カビが発生するリスクは高くないと言えるでしょう。 交換用のお水がボトルのタイプでは、ウォーターサーバーにお水が入っていくときに部屋の空気がボトルの中に入り、温度は室温とほぼ同じ状態なのでリスクが考えられます。賞味期限を過ぎないように注意が必要です。空気が入っていかないつぶれるタイプでは発生するリスクは低いです。
また、構造的に注意が必要なのが交換用のお水の差替え部分です。交換の際にこぼれた水がついたままにしておくとカビ発生の原因となります。また、お水の抽出口や、抽出の際にこぼれたお水の受け皿も、濡れた状態で放っておくとカビが発生しやすくなります。

カビを防ぐならどうすればよい?

ウォーターサーバーのカビ発生を防ぐ方法は、余計な水分を拭き取って乾燥した状態を保つことです。
まず、お水の交換のときに差し込み口が濡れていたら、清潔なペーパータオルなどで拭くようにしましょう。不衛生なタオルなどで拭くとかえってよくないので注意して下さい。
抽出口は定期的に拭くようにしましょう。汚れ方は利用頻度や環境によってもかわりますが、外側を拭くだけなら簡単で時間もかからないので、気になる場合は毎日拭くと安心です。内側は綿棒を使って拭くのがお勧めです。
こぼれた水の受け皿は取り外しができますので、中性洗剤で洗って乾燥させるのがベターです。これらは一般的なメンテナス方法ですが、メーカーが公開しているお手入れの方法を確認しながら利用状況に応じたメンテナンスをすることをお勧めします。
また、ウォーターサーバーがもしホコリっぽいところに置いてあるなら、置き場所の改善も検討してみて下さい。

ウォータースタンドの安心安全への取り組み

ウォータースタンドは、優れた浄水機能をもったウォーターサーバー。ボトルなどの差替えが不要で、衛生面に配慮された設計です。とは言え、タンクや抽出口がある点では、従来のウォーターサーバーと同様にメンテナンスを必要とします。ジャストの結論は、メンテナンスをサービスの一環とするのがベターということ。外装や抽出口を拭く程度はお願いできても、タンク内の清掃は、所定の手順や適した用具を使わないとかえって不衛生になるリスクがあります。そこで、ウォータースタンドは専門スタッフがユーザー様に訪問し、定期的にメンテナンスを行うようサービスを統一しています。
ウォーターサーバーの利用環境によっても汚れ方が異なりますので、日頃のメンテナンスについても専門スタッフにアドバイスを求めることができます。