飲料水の水質基準はどうやって決まっているのか?その安全性に迫る

Better Water, Better Life
ウォーターサーバー・宅配水ならジャスト > 水のある暮らし > 飲料水の水質基準はどうやって決まっているのか?その安全性に迫る

飲料水の水質基準はどうやって決まっているのか?その安全性に迫る

飲料水の水質基準はどうやって決まっているのか?その安全性に迫る|株式会社ジャストでは、ウォータースタンド(浄水器)、クリクラ(宅配水)で安心・安全なお水生活を提供します。まずはお気軽に無料申し込みを!

飲料水の水質基準はどうやって決まっているのか?その安全性に迫る

私たちが普段飲んでいる水には、健康に影響を及ばさないよう、飲料水としての基準が定められています。それは一体どのようなものでしょうか。また、より安全に水を飲みたいという場合には、どうしたら良いでしょうか。

飲料水の水質基準とは?

現在日本では、水道水には「水道法」、ペットボトルや宅配水には「食品衛生法」という法律により飲料水の基準が適用されています。いずれも、生涯にわたり飲み続けても人の健康に悪影響を及ぼさないよう、安全性に十分考慮した基準値が設けられています。
ただし、これらは水が作られた直後の基準であり、ユーザーの手元に届いた後もこの基準が保たれている訳ではありません。安全性を求めるなら、普段の生活環境の中で、お水を衛生的に保つために配慮をする必要があります。

より安全な水を求めるなら?

最も安全性が高い水と言えるのは、不純物をほとんど含まない純水です。一方、ミネラルも除去される為、無味無臭ですが飲み口は多少変わります。
水道水をそのまま飲む以外に、飲料水を大まかに分類すると、(1)密封されたペットボトル、(2)ウォーターサーバーなどの宅配水、(3)水道水を浄水器に通す、(4)スーパーなどの給水サービス、などに分けられます。
水の保管方法や器具のメンテナンス状況などにより水質も左右されるので、一概に優劣はつけられませんが、衛生面での特徴を知った上で、飲料水を安全に保つ為の対策を日頃からしていくことが必要となります。

ウォータースタンドの安心安全

ウォータースタンドとは、ボトルウォーター(宅配水)と浄水器をいいとこどりした水道直結式のウォーターサーバーです。高機能な浄水フィルターでキレイにしたお水をウォーターサーバーのタンクに溜めていつでも使えるようにしています。また、お水を使って減った分は、自動的に補充されますので、宅配式のウォーターサーバーに見受けられる「交換用のお水の管理が大変」などというデメリットも解消されます。
そして、より安心安全に利用できるように配慮されているのがメンテナンスサービスです。重要なフィルター交換や定期メンテナンスを専門の担当が訪問して行い、所定のチェック項目にのっとってメンテナンスした内容をご報告します。