水道水とは具体的にどんな水なの?

Better Water, Better Life
ウォーターサーバー・宅配水ならジャスト > 水のある暮らし > 水道水とは具体的にどんな水なの?

水道水とは具体的にどんな水なの?

水道水とは具体的にどんな水なの?水道水についての豆知識。

水道水とは具体的にどんな水なの?

水は私たちの生活に欠かせない大切な存在です。また、水道の蛇口をひねるだけで使えるため大変便利ですね。ただし、日常的に使う水道水がどんな水なのかは、あまり意識することがないかもしれません。ここでは、水道水について具体的にまとめてみました。

厚生労働省のガイドラインによると・・・?

飲料水として最も身近な存在なのが「水道水」。その安全性は「水道法第4条」の「水質基準に関する省令」により定められており、水道水は雨や雪といった自然界の水が原料になります。ダムで貯められた水を家庭などに届けるためには、汚れを取り除いた後に塩素での消毒作業が行われます。
飲料水として適するかどうかは「水道法第4条」にもとづく「水質基準に関する省令」によって定められた基準に適合しなければなりません。水道水質基準には、「水質基準項目と基準値(51項目)」、「水質管理目標設定項目と目標値(26項目)」、「要検討項目と目標値(47項目)」があり、最新の情報から逐次改正が行われることとなっています。
その1つ「水質基準項目と基準値(51項目)」には、一般細菌をはじめ、大腸菌、カドミウム及びその化合物、総トリハロメタンなどの基準が設けられています。中でも、大腸菌は検出されないことが条件になっており、水道水の基準が大変厳しいことがうかがえます。

ミネラルウォーターとの違いは?

ミネラルウォーターは「食品衛生法」によって「水のみを原料とする清涼飲料水」と定められており、食品衛生法第11条に基づく「食品、添加物等の規格基準」によって、ミネラルウォーター類の安全性が確保されています。
しかし、その基準は18項目で、水道水の51項目と共通している検査項目の数値も水道水の方が厳しく設定されている点からも、浄水場で処理される基準の高さがうかがえます。

見逃していませんか?水道管や貯水槽の汚れ

水道水とミネラルウォーター、どちらもしっかりと基準を設けているものの、水質的には水道水の方が大変厳しく管理されているのが分かりますね。しかし世界的に見てもきちんと消毒・殺菌されている日本の水道水にも関わらず、敬遠されがちなのはなぜなのでしょうか。
要因の一つとして、住宅までの水の運ばれ方に問題があるかもしれません。老朽化した給水管は鉄錆がこびりつき、ひどく汚れています。また、マンションやビルに設けられている貯水槽も、きちんと管理されている必要があります。
これらは目ではっきり見えるものではないので、見逃しやすいのではないでしょうか。特に集合住宅では、個人で管理をするには限界があります。そこで、浄水器を取り付けるなどして水道水をより安全に、美味しく飲む工夫が必要です。

水道水が美味しく安全に!ウォータースタンドのすすめ

水道水よりもミネラルウォーターが美味しいといわれる理由として、カルキ臭が挙げられています。これは、浄水場から給水管で水道水を供給する際、消毒に使われる塩素がもとになっています。この塩素だけなら、一般的な浄水器で除去することが可能です。
もし「ミネラルウォーターのように美味しく飲みたい」、「料理も美味しく感じるようにしたい」ということなら、ウォータースタンドがお勧めです。
ウォータースタンドは、高機能な浄水フィルターシステムでキレイにしたお水をサーバーのタンクに溜めておき、冷水・温水・常温水で便利に使えるようにした、新しいカテゴリーのウォーターサーバーです。
しかも、浄水器に必要なカートリッジ交換や、ウォーターサーバーに必要なタンクや抽出口の清掃などを、専門のメンテナススタッフが定期的に訪問してサポートします。

参照元:

「水質管理目標設定項目と目標値(26項目)」

「要検討項目と目標値(47項目)」