お水と健康について | 株式会社ジャストはご家庭からオフィスまで、安心で安全なお水をお届けします。

Better Water, Better Life
HOME > 水のある暮らし > お水と健康について

お水と健康について

お水と健康について

健康を維持するためには、栄養バランスの取れた食生活はもちろんのこと、適度や運動や十分な睡眠を心掛けることも大切です。また、適度に水分補給を行うこともとても重要です。

体の60%以上は水!

成人男性の場合、体の約60%が水分で構成されていることはご存知ですか?水は生きていくための大事な要素です。
人間の体は100兆個を超える細胞から成り立っており、体の水分の約3分の2は、この細胞内に存在します。残りの3分の1は、細胞と細胞の間に存在する細胞間液と血液にあり、それぞれ生命を維持するために働いています。
もし、体に水分が不足したらどんな現象が起こるでしょうか?
体重の2%の水分を失うと軽い脱水症状になり、動作が鈍くなったり食欲が無くなったりします。5%失うと熱中症や脱水症状などの状態を引き起こし、10%不足するとけいれんや意識障害を引き起こします。そして、20%不足すると死に至ると言われています。
汗をかく量は過ごす環境や体の動かし方によって違うので、水分補給を意識して行うことの重要性が分かりますね。

体の約60%が水分

どのくらいお水を飲めばいいの?

世界保健機構では、成人の場合1日に2ℓの水を飲むことを推奨しています。 個々の体格に応じた水分摂取量は、『 1日に必要な水分量の目安(ml)=35ml×体重(kg)』を参考にして下さい。体重が50Kgなら 1.75ℓ、60Kgなら2.1ℓくらいとなります。 水分補給をする際、カフェインが入った飲み物(コーヒーや緑茶)などでは体の中の水分を外に出そうとする働きがあるので、お水をそのまま飲む機会を作りましょう。また、いっきに飲むのではなく、1回200ml程度(コップ1杯)を何回かに分けて飲むようにしましょう。

お水を飲むタイミングは?

お水の摂取量や飲み方を工夫することで、新陳代謝をうながし老廃物の排出につながります。例えば、朝起きた時にお水を飲むと胃腸の働きをうながして便秘解消になったり、また、食事前に水を飲むことで食べ過ぎ防止に役立ちます。ダイエットの効果も期待できそうですね。 一方、食事中の水分摂取は消化力低下の原因になるため飲み過ぎに注意しましょう。

◆ お水を飲むタイミングのお勧め
(1) 朝起きたとき
(2) 朝食の前
(3) 昼食の前
(4) 日中(PM3:00前後)
(5) 夕食の前
(6) 入浴の後
(7) 就寝の前
(その他) お酒を飲んだ後、スポーツをするとき(糖分をとるときはスポーツドリンクも)

ペットボトルや宅配水よりウォータースタンドがお得!

お水を積極的に飲む方なら「水道水をそのまま飲むのはちょっと…」と思いませんか。毎日飲むお水ですから、なるべく美味しいキレイなお水を飲みたいですよね。 外出時に手軽に手に入るのがペットボトルですね。コンビニ、スーパー、最近では自販機でも大抵購入することができます。500ml入りの価格を仮に1本100円とすると、外出時に2本として約200円。自宅用なら2ℓ入りを100円程度で購入もできるので、併用で1日当り2ℓ飲むとするとコストは約250円くらいといったところでしょうか。 また、美味しいお水を冷水・温水で楽しめるのがウォーターサーバー(宅配水)です。1ℓ当り100円~150円くらいと、メーカーや銘柄によって値段の開きがありますが、間をとって1ℓ当り125円とすると、1日当り2ℓ飲むとするとコストは約250円くらいと、ペットボトルとほぼ同様になります。 いずれも、大まかではありますが、1ヶ月当りで1人約につき7,500円くらいになる計算です。もし家族が3となると、月間で20,000円以上にもなります。もしこんなにコストがかかってしまっては、健康なお水の飲み方を実践しづらいと感じる方も少なくないはず。 そこで、こんな状況でメリットを発揮するのがウォータースタンドです。ウォータースタンドは、定額制で使い放題のウォーターサーバーなので、むしろ、使えば使うほどコスパがよくなるんです。もちろん、飲み水だけでなく料理にも気兼ねなく使えます。 是非、ウォータースタンドで健康なお水の飲み方を実践してみて下さい。