ミネラルウォーターの種類と効能

Better Water, Better Life
ウォーターサーバー・宅配水ならジャスト > 水のある暮らし > ミネラルウォーターの種類と効能

ミネラルウォーターの種類と効能

ミネラルウォーターの種類と効能についての豆知識。

ミネラルウォーターの種類と効能

ミネラルウォーター市場は年々拡大しており、今や私たちの生活に欠かせないものとなっております。一般的に市販されているお水は「ミネラルウォーター」とひとくくりにしてしまいがちですが、品質表示を見比べるとミネラルウォーターにも種類があることに気づかれるでしょう。そこで、ミネラルウォーターの種類や効能についてご紹介します。

ミネラルウォーターとは具体的にどんな水?

水を選ぶ際に、「軟水」や「硬水」という言葉を見たことはありませんか。軟水と硬水、この2つは「硬度」の違いで分類されます。硬度とは、1Lの水の中に溶け込んでいるカルシウムやマグネシウムの量を数値化した値であり、硬度が100mg/lまでのものを軟水、100mg/lから300mg/lまでのものを中硬水、それより多いものを硬水と呼んでいます。
水道水を含めて、日本の水のほとんどは軟水だと言われています。一方、ヨーロッパの水の多くは硬水です。土地によって水の性質が違う点は知っておくと役に立つでしょう。

ミネラルウォーターの種類と効能

ミネラルウォーターの種類は、軟水、中硬水さらに硬水という分類方法が一般的ですが、硬度による分類だけでなく、炭酸水やバナジウムウォーターなどプラスアルファの成分を含むミネラルウォーターもあり、各社それぞれの特徴があるといって良いでしょう。
ちなみに、ミネラル成分が高いからといって、硬度の高い水を選べば体に良いということでもありません。飲み慣れないと口当たりが良くないと感じたり、お腹がゆるくなったりする場合もあるようですので、それぞれの効能を理解して上手に使い分けをすることが必要ですね。

ミネラルウォーターを飲むことで得られる効果として下記のようなことが挙げられます。

  • 汗や尿などの排泄を促し、老廃物を流しやすくする
  • 胃腸が刺激されるため、便通が良くなる
  • 血液やリンパの流れが改善され、新陳代謝がアップする

これらは、水分補給によって得られる効果と考えて良いでしょう。水にダイエット効果があると言われるのも、上記のような効果が期待できるからではないでしょうか。
まれに、水を飲めば痩せるというような宣伝をしているミネラルウォーターもあるようですが、水自体に痩せる成分が入っている訳ではないのでその点は注意したいものです。とはいえ、ミネラルウォーターは体内環境を整え、代謝が良くなったり太りにくい体質が作られるのは事実ですので、正しい水分補給を行っていきましょう。
また、ミネラル分を栄養補給として摂取するなら、普段の食事をチェックしてみて下さい。