赤ちゃんが水を飲まない時の対処法は?

Better Water, Better Life
ウォーターサーバー・宅配水ならジャスト > 水のある暮らし > 赤ちゃんが水を飲まない時の対処法は?

赤ちゃんが水を飲まない時の対処法は?

赤ちゃんが水を飲まない時の対処法について

赤ちゃんが水を飲まない時の対処法は?

成人女性の体の約55%が水分でできているといわれています。そして、赤ちゃんの場合は体の約75%が水分だそうです。そのため、大人よりもこまめに水分補給をして水分不足にならないように心掛けることが大切です。それはわかっていても、なかなか赤ちゃんが水を飲んでくれなくて困ったことのあるお母さんも多いのではないでしょうか?ここでは、赤ちゃんが水を飲まない時の対処法や、赤ちゃんに理想的な水についてまとめました。

市販のジュースやお茶、または水道水をそのままあげるのはNG?

赤ちゃんが水やお茶を飲まない理由の一つに、ジュースなど味のついた甘い飲み物に慣れてしまった可能性があげられます。市販のジュース飲料をあげて水分不足を補う方法は手軽ですが、ジュースなどは糖分を摂りすぎたり、虫歯の原因になったりする可能性があります。もし、ジュースの味に慣れている場合は、水で薄めたり、水にオリゴ糖を入れたものを与え、徐々に薄く方法もあります。また、市販のお茶も様々な種類を試してみると、赤ちゃんの好みのお茶に出会える可能性があるので良いかもしれません。
水道水は飲料用として浄水された後に消毒用の塩素を投入して各家庭へ送られますので、安全上問題ないと言われています。水道水を沸かしたお湯を冷まし、赤ちゃんにあげているお母さんも多いのではないでしょうか?しかし、沸かし方によっては発がん性物質のトリハロメタンが増加するなんて情報も少し気になるところですね。 自宅でミルクやお茶を作るときに、市販のお水を購入するとしたら、お水選びにも注意が必要です。粉ミルクには赤ちゃんに必要なミネラル成分が含まれているので、水の硬度(ミネラル成分)が極端に高いミネラルウォーターを使うのは避けましょう。できれば、ミネラル成分の入っていない純水(ピュアウォーター)かミネラル分が少ない軟水が、赤ちゃんの内臓の負担にもならずおすすめです。

できるだけ安全な水を飲みやすい形で

赤ちゃんが水を飲まない原因として、他に考えられる要因は飲ませ方です。ミルク以外の水分に慣れるためには、スプーンから始めて成長に合わせストローやマグカップなどを使いましょう。赤ちゃんは、新しい飲み方に興味を持って飲むようになるかもしれません。
また、味覚が敏感あるいは鈍感なために、味を感じない水を嫌う可能性もあります。カルキ臭がする水道水も避けたいところです。赤ちゃんに水を飲ませるときは、できるだけ安全な水がのぞましいですが、同時に、おいしく感じることも大切な条件だといえますね。

育児にも大助かり!ウォータースタンドの活用

出産をきっかけにウォーターサーバー(宅配水)の利用を始める方も多くいらっしゃいます。一方、赤ちゃんのミルクが終わったからウォーターサーバーをやめてしまったという方もいらっしゃいます。お子さんや家族の健康を考えると、「美味しくキレイなお水をそのまま続けたい」というのは多くのお母さんが考えることではないでしょうか。
ウォーターサーバーをやめる理由の第一位は「価格が高いから」という調査結果があります。ミルクや飲み水だけでなく、離乳食、料理へと使う幅が広がっていくと、その分コストもかかりますから、ウォーターサーバー(宅配水)の多くがコスト的に不満足であるという可能性が伺えます。
その点、ウォータースタンドは料金が定額制で、お水が使い放題です。ランニングコストが月々変わりません。お米研ぎやお味噌汁、インスタント食品などはもちろん、麺をゆでるときのお湯にだって気兼ねなく使えます。
そう、気兼ねなく使えるから、料理には温水が大活躍です。ウォータースタンドからお湯がすぐに出てくるので、料理が時間短縮に。赤ちゃんが夜泣きしたとき、粉ミルクをつくるときだって温水と常温水をつかってサッと作れます。
お水のタイプは2通りですが、どちらも赤ちゃんのミルクにも安心して使えます。