赤ちゃんのミルクに適した水とは | ウォーターサーバーで快適生活!あなたにジャストなウォータースタンド

Better Water, Better Life
HOME > 水のある暮らし > 赤ちゃんのミルクに適した水とは

赤ちゃんのミルクに適した水とは

赤ちゃんに飲ませるお水の硬度は?硬水?軟水?

赤ちゃんのミルクに適した水とは

私たちが口にする水には「硬水」と「軟水」とがあります。その基準になるのは、水1000mlに含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル量を表す「硬度」です。一般的な分類方法として「軟水」(0~100mg/l)・「中硬水」(101~300mg/l)・「硬水」(301mg/l以上)の三段階があります。
ヨーロッパや大陸の水は地層をゆっくり流れ、地層と長時間接することから、硬水が多いのが特徴です。一方、日本では水の流れが速いことから軟水が多いといわれています。そのため、軟水に慣れている日本人の多くは、硬水の口当たりがまずいと感じたり、お腹がゆるくなったりする場合もあるようです。また、赤ちゃんも消化器官が十分発達していないため、お腹の調子が悪くなったり内臓腎臓に負担をかけてしまうことがあります。赤ちゃんに飲ませるお水は、硬度の低い「軟水」か、ミネラル分も入っていない「純水(ピュアウォーター)」が適していると言えます。 。

ご存知ですか?水道水が届くまでの環境

蛇口をひねるだけで簡単に使える水道水は、私たちの生活に欠かせない大変貴重な存在です。また、飲料水としてそのままでも飲めるように、厳しい水質基準で浄水場で処理された後に給水施設から各家庭へ送り届けてます。浄水したての水はキレイであっても配水管や給水管、マンションなどに設置されている貯水槽に錆や汚れがついている可能性があるので、菌がつかないように塩素を投入しています。
そのため、水道水には残留塩素が入っており、また、塩素と水中のアンモニアからできるカルキ臭がする場合もあります。蛇口から出てくる水道水がどういった環境を通ってくるかは、地域や家屋によって異なりますので、気になる場合はご家庭ごとで対策が必要です。