《公式》ウォータースタンド | TOP > キャンペーン情報 > ウォータースタンド紹介制度 > ウォータースタンド紹介特典アイテム「北海道ラーメンセット10食分」

ウォータースタンド紹介特典アイテム「北海道ラーメンセット10食分」

食レポ 食レポ

ウォータースタンド紹介特典アイテム

「北海道ラーメンセット10食分」

 

北海道ラーメンセット

 

寒い季節になると、あたたかいラーメンが食べたくなりませんか。こちらは北海道の代表ともいえる函館・小樽・札幌・旭川などのラーメンの味を忠実に再現したご当地ラーメン食べ比べセットです。

《目次》
  • 1.北海道ラーメンセットの紹介
  • 2.北海道のラーメンとは?
  • 3.実際にラーメンを作ってみました
  • 4.食べ比べしてみました
  • 5.豆知識~北海道ラーメンの特徴は?

 

 

1.北海道ラーメンセットの紹介

 

広大な北海道の人気ラーメン店の味をご家庭で、お手軽に再現できます。作りかたはそれぞれ箱や袋に記載されているので、誰でも簡単に作ることができます。

 

北海道ラーメンセットの紹介

 

<セットの内容>

 
<札幌> えびそば一幻えび味噌×2食入 生麺125g×2、スープ55g×2、えび油10g×2
<札幌> 吉山商店味噌×2食入 生麺120g×2、スープ72g×2
<函館> あじさい塩×2食入 生麺120g×2、スープ42g×2
<旭川> 梅光軒醤油×2食入 生麺120g×2、スープ50g×2
<小樽> 初代味噌×1食入 生麺120g、スープ90g、ラード20g、メンマ20g、焼のり4つ切1枚
<小樽> 初代醤油×1食入 生麺120g、スープ90g、ラード20g、メンマ20g、焼のり4つ切1枚
メンマ&チャーシュー25g×10/賞味期間は常温で30日

2.北海道のラーメンとは

 

北海道ラーメンといっても大きく分けて、旭川ラーメン・札幌ラーメン・函館ラーメンとそれぞれの地域に分かれて「北海道三大ラーメン」といわれています。北海道全域におけるラーメンは※「北海道遺産」に認定されていてますが、近年では「釧路ラーメン」や「室蘭ラーメン」など地域ごとの特色を活かしたラーメンも多く生まれています。
※北海道遺産・・・北海道のラーメンは「次世代に引き継ぎたい北海道ならではの宝物」として、平成13年からはじまった「北海道遺産」52件のひとつとして選定されました。

 

北海道ラーメンの特徴

 

 

3.実際にラーメンを作ってみました

 

メンマとチャーシューは付属されているので、今回は長ねぎ・青ねぎ・煮卵を購入しました。大きめの鍋にたっぷりのお水を入れ、強火で麺をゆでほぐします。ウォータースタンドの温水を使うと時短になります。

 

ポイント

麺はそれぞれゆで時間が違うので、作りかたの表記を確認してゆでましょう。

 

北海道ラーメンを作ってみました

 

別の小鍋に添付のスープを入れ、ウォータースタンドのお湯を注ぎます。よくかき混ぜながら沸騰させて麺がゆで上がるのを待ちます。
ラーメンの器にスープを入れ、麺のお湯を切ったら器に移します。具を盛り付けたら完成です。

 

ポイント

できたてをアツアツで食べられるよう、ラーメンの器もウォータースタンドの温水を入れてあらかじめ温めておきましょう。

 

北海道ラーメンを食べてみました

 

 

4.食べ比べしてみました!

 

吉川商店焙煎ごまみそラーメン

 <札幌>吉川商店焙煎ごまみそラーメン (社員男性M原)

僕はふだんからラーメン大好きなんですが、このラーメンはお店で提供されるラーメンと変わらないほど麺の歯ごたえがあります。スープも胡麻と味噌の絶妙なバランスで、濃いめの味噌を楽しみながらも胡麻の風味がしっかりついてくる感じがとても心地よかったです。普通の即席麺とは一味違う上質な味わいなので是非一度ご賞味下さい。

 

吉川商店焙煎ごまみそラーメン

 <旭川>旭川ラーメン梅光軒(社員男性N良)

見た目は、よくある細麺の醤油ラーメンなのですが、特徴が魚介と鶏がらをブレンドしたWスープということで、普通の醤油ラーメンに比べこってりしていました。こちらは豪華チャーシュー麺として食べてみました。

 

 

吉川商店焙煎ごまみそラーメン

 <小樽>初代醤油ラーメン(社員男性M時)

醤油の味が前面に出た醤油味、動物系の風味が強めのスープ、厚めのラードの層、そして中太麺。北海道で生まれ育った私にとっては、こういうのがTHEラーメンですね。
最近はお店の名前を冠した生麺も色々とリリースされていて、だいたいは押さえている私ですが、これは久々に心に刺さりましたね。寒い日は特に美味しく感じる味だと思います。

 

吉川商店焙煎ごまみそラーメン

 <札幌>一幻えびそば(社員女性M村)

一風変わっているなと思ったのが、中太麺のえびそば「一幻」のラーメンです。
えびはちょっと…と思っていましたが、えびスープととんこつスープがブレンドされていいて一度食べたらやみつきになる味です。こだわりスープと麺の組み合わせが絶妙です!!

 

 

 <小樽>初代味噌ラーメン(社員女性K地)

深みのある味噌の味ととんこつスープがちょうどよく混ざっていて、現地の美味しいラーメンを簡単に作ることができました!
にんにくの味がアクセントになっていて、本当に美味しかったです!

 

北海道ラーメンを食べてみました

 

 

 

5. 豆知識~北海道ラーメンの特徴は?

 

旭川が醤油・札幌は味噌・函館は塩といわれているように、主流の味は地域ごとに異なります。具材は基本的にはねぎ・メンマ・チャーシューとシンプルなものです。北海道では自家製麺があまりなく、製麺所で作られた麺を使用していることが多いのが特徴です。

<旭川ラーメン>
旭川ラーメンの特徴は「醤油ラーメン」がご当地ラーメンとして最も人気です。スープは魚介類に加え、豚骨・鶏がら・野菜とダブルスープの醤油だしが多く使われています。 旭川ラーメンの特徴のひとつにラードを使用いることが挙げられます。旭川の冬は極めて寒く、零下30度以下にもなる土地柄からラードを浮かすことでスープを冷めにくくするという工夫がされているようです。麺は中細縮れ麺が多く使われています。

<札幌ラーメン>
札幌ラーメンの特徴は「味噌ラーメン」が人気として全国的に知られています。スープはラードとにんにくで炒めた野菜を豚骨スープで溶いた味噌だれと一緒に煮込んだものが多く使われています。麺は中細縮れ麺が多く使われています。使用する麺は粘りとコシのある「多加水熟成麺」の縮れ麺です。

<函館ラーメン>
函館ラーメンの特徴は豚骨や鶏がらスープをベースにした澄んだスープに塩だれを入れた「塩ラーメン」がご当地ラーメンとして人気の主流です。函館ラーメンといえば塩ラーメンを指すほどさっばりして深みのある味が好まれています、麺は多加水熟中細ストレート麺が多く使われています。

 

 

作りかたはそれぞれ箱や袋に記載されているので、誰でも簡単に作ることができます。
ご家族で食べ比べてみるのもいいかもしれないですね。休日の昼食や受験生の夜食としてぜひお召し上がりください♪

 

 

 

紹介制度ページはこちら