《公式》ウォータースタンド株式会社 | TOP > お水の活用術 > 健康によいハーブティーの飲み方

健康によいハーブティーの飲み方

健康によいハーブティーの飲み方

 

現代は「ストレス社会」と言われるほど、心身ともに疲れている人が増え、そのストレスが病気を引き起こす原因になるとも言われています。
ハーブは、そのような背景の中で『癒し』効果を期待されて注目されるようになってきました。
時代や暮らしのスタイルに合わせて、活用法も広がり、私たちの身近な存在になってきています。

 

 

健康によいハーブティーの飲み方

 

 

 

1.ハーブとは  1.ハーブとは

ハーブ(英語“Herb”)の語源はラテン語の“Herba(ヘルバ)”で『草』を指します。 ハーブは、薬のように症状を抑え込もうとするのではなく、「自然の力」で体を元ある状態に戻していくものです。 香り、味、色、有効成分を使って人間の心と身体のバランスを整え、人間が本来持っている自然治癒力を高めます。即効性はありませんが、副作用の心配がなく、長く使用していくほど、心身のバランスを整え、より効果が発揮されていくようになります。 そして、ハーブティーは手軽に飲むことができ、食事と一緒に楽しめるという利点もあります。

 

 

2.ハーブテイを飲む頻度  2.ハーブティーを飲む頻度

ハーブティーは、1ヶ月以上続けないと効果がないと言われています。まずは続けることが大切です。 1日に飲む頻度は2~3杯程度がよいとされています。 続けることで効果を得ることが出来ますが、一方で過剰な飲み方は良くありません。バランスに気をつけましょう。

 

 

3.病状別に効果の期待できるハーブ  3.病状別に効果の期待できるハーブ

カゼの改善・・・エルダーフラワー

鼻水・鼻づまりの改善・・・ペパーミント、ユーカリ

花粉症症状の抑制・・・ペパーミント、ローズマリー、ネトル

アレルギー性鼻炎の改善・・・エルダーフラワー、ネトル

アレルギー反応の抑制・・・ネトル、エルダーフラワー、マローブルー

熱を下げる・・・サフラワー

咳を抑える・・・リコリス、タイム

気管支炎の緩和・・・マロー

かゆみの緩和・・・ネトル

喉の痛みを和らげる・・・マロー

咽頭、扁桃炎の改善・・・セージ

殺菌、抗菌・・・セージ

免疫力向上・・・エキナセア

発汗を促す・・・エルダーフラワー、ジンジャー、マリーゴールド、カルダモン

悪寒・・・ジンジャー

体を温める・・・ジンジャー、カモミール

 

 

4.ハーブティーの淹れ方  4.ハーブティーの淹れ方

ポット・カップは、陶器かガラス製のものを選びます。金属製のものは抽出した際、成分が変化する場合があるので避けた方がよいです。茶漉しは目の細かいものを選びます。

 

①ポット&カップを温める

②ポットに茶葉を入れる

ティーカップ1杯(150cc)に対して、ティースプーン1杯(2~3g)ぐらい

(花なら0.1g、種なら3gぐらいです)

 

③湯を注ぐ

沸騰から一呼吸おいたお湯(95℃前後)をお湯がいきわたるように、のの字を描くように注ぐ

 

④蒸らす

花・葉・茎は3分、実・種・根・皮は5分

 

⑤カップに注ぐ

ハーブティーを飲むときは、カップを鼻の下へもっていき、立ち昇る香りをゆっくり吸った後、口に含みます。香りにもたくさんの成分が含まれています。

 

 

5.飲み方に注意が必要なハーブ  5.飲み方に注意が必要なハーブ

ハーブティーは薬草という意味がありますが、使用する際には、十分注意しなくてはならないハーブがあります。特に、妊娠中の方には、お勧めできないハーブが多くありますので気をつけましょう。また、子どもや高齢者には刺激が強くない、ビタミンやミネラルの多いハーブティーがよいでしょう。

 

《 飲む時期、飲む量に注意したいハーブ 》

 

○妊娠初期・・・安定期に入る前は、どのハーブも様子をみながら少量にしましょう。

安定期に入ってからは、1日数杯程度で、飲みすぎないように注意しましょう。

 

○妊娠中避けたいハーブ・・・子宮を刺激するハーブは、流産や出血の危険があります。

タイム、ローズマリー、マジョラム、バジル、ラベンダー、アンジェリカ等

 

○つわりの場合にはよいハーブ・・・やはり様子をみながら1日数杯程度にします。

ジンジャー、ぺパーミント

 

○陣痛を促進し、出産を助けるハーブ・・・陣痛を促進するハーブは、子宮収縮に関係します。出産前までは、避けた方がよいでしょう。

ジュニパーベリー、シナモン、セージ、ラズベリーリーフ、ラベンダー

 

○出産3ヶ月前から飲みたいハーブ・・・出産3ヶ月前からは、身体は出産と産後の準備に入ります。

・ラスベリーリーフ・・・子宮筋肉を鍛えます。母乳の質をよくします。

・ネトル、ダンデライオン、ローズヒップ・・・体を整え、血液の質をよくします。

・フェンネル・・・女性ホルモンのような作用で母乳を出やすくします。

 

 

6.ハーブの保存の方法  6.ハーブの保存の方法

保存の際は、以下の点に注意して、茶葉が劣化しないようにします。茶葉が劣化することにより、味が悪くなるだけでなく、成分が変化するため、思っていた程効果が得られなくなることもあります。保存状態がよくないハーブは退色し、香り、味が悪くなります。

 

《 気をつけなければいけないこと 》

 

○光・・・・日光、蛍光灯の紫外線を避けます。

 

○湿度・・・水分を含むと、変質します。成分の変化はハーブの効果を充分に生かせないことにもつながります。

 

○酸素・・・空気に触れることで、茶葉が酸化します。表面積を小さくして密閉します。

 

○温度・・・激しい温度変化は、酸化を進めてしまいます。おおよそ13℃以下を保つことが理想です。

 

茶葉が壊れない程度に表面積を小さくし、機密性の高い容器に入れ、冷暗所で保存します。場合によっては冷蔵庫でも保存できますが、匂いが移らないように注意します。 鮮度がよいうちに飲んだ方が良いため、容器には日付を入れ、1年以内には使い切りましょう。

 

 

参考文献 一般社団法人 日本ティーコンシェルジュ協会

 

 

ウォータースタンド活用術

 

 

ウォータースタンド活用術ウォーターサーバー浄水器の知識お水で健康にお水でキレイに育児でお水NEW