《公式》ウォータースタンド株式会社 | TOP > お水の活用術 > お酒を飲むときに気をつけたい水分補給

お酒を飲むときに気をつけたい水分補給

お酒を飲むときに気をつけたい水分補給

 

お酒が好きな方も、付き合いで飲むことが殆どという人も、お酒を飲んで体調を崩してしまった経験が1度や2度はあるのではないでしょうか。どうせ飲むなら美味しく、楽しく飲みたいし、なるべくならお酒の失敗はしないほうがいいですね。健康的にお酒を楽しむために、水分補給の必要性について把握しておきましょう。

 

 

お酒を飲むときに気をつけたい水分補給

 

  《目次》
  • 1.お酒を飲むとカラダの水分はどうなるの?
  • 2.水がなぜ二日酔いによいの?
  • 3.むくみができる原因
  • 4.チェイサーは理にかなった水
  • 5.どのタイミングで飲む?

 

 

1.お酒を飲むとカラダの水分はどうなるの?  1.お酒を飲むとカラダの水分はどうなるの?

アルコールには非常に強い利尿作用や、体温を上げて発汗させる働きがあり、尿や汗となって水分が体の外に排出されやすくなります。飲めば飲むだけ体の水分量は減ってしまいます。お酒を飲むとトイレに頻繁に行くようになったり、飲酒後のどが渇くのはそのためです。特にビールは利尿作用が強く、より多くの水分を失うことになります。

 

 

2.水がなぜ二日酔いによいの?  2.水がなぜ二日酔いによいの?

二日酔いで、気持ちが悪くて何も食べられず、頭痛もして水を飲むのもつらい経験をしたことはありませんか?
アルコールは一度に大量に体内に取り入れても体が処理できないため、血中アルコール濃度が上がります。
飲酒の後に体内で生成されるアセトアルデヒドは肝臓で分解される際に発生するものです。
分解されずに
血液中に残ったまま翌日を迎えると「二日酔い」という症状になります。こんな時、お水を飲むことで血液中の水分が増えるので、アセトアルデヒドの濃度を薄めることができます。また水の利尿作用もあるため、結果として代謝がよくなり、二日酔いの症状をやわらげる効果が期待できます。

 

 

お酒を飲むときに気をつけたい水分補給

 

3.むくみができる原因  3.むくみができる原因

お酒をたくさん飲んだ翌朝には、顔が腫れたようにむくんだり、くすんだりして見えることがあります。これは体内の水分不足によって起こります。 体内に滞った老廃物を排出するには水分が必要なのですが、アルコールを飲みすぎると利尿作用が高まり、体内は水分不足に陥ります。結果として、本来は排出するべき老廃物が体内に残ってしまい、それが顔や手足のむくみとなって現れてしまうのです。

 

 

4.チェイサーは理にかなった水  4.チェイサーは理にかなった水

バーでウィスキーを頼むと「チェイサー」といって、グラスに入った水を出してくれます。アルコールの強い刺激を和らげたり、ウィスキーのもつ味や香りを何度でも楽しめるための口直しとして利用されています。
もともと「チェイサー(chaser)」は「チェイスするもの」つまり「追いかけるもの」という意味で、お酒をひと口飲んだら追いかけて飲む、飲み物の総称です。日本酒や焼酎に添えるお水のことは「和らぎ水」といわれています。
チェイサーを飲むことで、ある程度胃が水で満たされお酒を飲むスピードが遅くなり、飲みすぎや二日酔いの予防にもなります。特に度数の高いウィスキーや日本酒などを飲む場合には、一緒に飲むとよいでしょう

 

 

5.どのタイミングで飲む?  5.どのタイミングで飲む?

飲酒中も飲酒後も気持ちよく過ごすためにはどのようなタイミングで水分を摂ったらよいのでしょうか。

 1.アルコールを飲む前に
利尿作用により水分が失われやすいので乾杯の前に1杯のお水を補給しておけば、脱水症状はある程度防ぐことができます。

 2.アルコールを飲んでいる間に
アルコールを飲むスピードが遅くなり、アルコールを分解しやすくなります。

 3.お酒を飲んだ日の夜は
寝る前にコップ1杯の水
を飲むようにします。

 

 

お酒を飲むときに気をつけたい水分補給

 

 

 

6.二日酔いを予防する食べた食べ物  6.二日酔いを予防する食べ物

空腹の状態でお酒を飲むと急速にアルコールが吸収されてしまい、胃や肝臓にも負担がかかります。おつまみを食べながら飲むことは二日酔いを予防するのにとても重要なことです。


マカダミアナッツ・くるみ 脂肪を多く含む食べ物はアルコールの吸収を遅くします
かぼちゃの種・ごま・玄米・ウコン ビタミンB15を多く含む食べ物は肝臓の働きを高める効果があります
アブラナ科の野菜(ブロッコリー・カリフラワーなど) スルフォラファンを多く含む食べ物は肝機の解毒力を高めたり、二日酔い対策にも効果があります
しじみ・はまぐり・あさり アラニン・グルタミンを多く含む食べ物は肝臓の働きを活発化し、アセトアルデヒドの分解を促進します

 

アルコールの分解能力には個人差があります。お酒を適量に飲むことは、食欲増進・ストレスを和らげる効果・人間関係をスムーズにする効果などがあるので、正しい知識をもってお酒とよいつきあいができるといいですね。

 

 

参考文献

「知識ゼロからのミネラルウォーター入門」
「正しい水の飲み方・選び方」
「患者指導のため水と健康ハンドブック」
「ミネラルウォーターBOOK」

 

 

ウォータースタンド活用術

 

 

ウォータースタンド活用術ウォーターサーバー浄水器の知識お水で健康にお水でキレイに育児でお水NEW