《公式》ウォータースタンド株式会社 | TOP > お水の活用術 > ペットのからだにもいいお水を

ペットのからだにもいいお水を

ペットのからだにもいいお水を

 

愛犬・猫には、普段どんなお水をのませていますか?
ペットの健康に気をつかう人たちの間では、ペットフードだけでなくペットの飲み水に対しても関心が高まってきています。水道水や浄水器、市販のミネラルウォーターやペット専用のお水など、選択肢はいろいろありますね。
かわいいペットたちにどのような水を飲ませてあげたらよいのでしょうか?

 

 

ペットのからだにもいいお水を

 

  《目次》
  • 1.犬や猫の飲む水の量を知っていますか?
  • 2.ペットとミネラルウォーター
  • 3.ミネラルって何?
  • 4.ペットに適したお水とは
  • 5.愛犬、愛猫も脱水症に!
  • 6.水の飲みすぎは病気のサイン

 

 

1.来客のお茶出しもスマートに  1.犬や猫の飲む水の量を知っていますか?

犬や猫の体の60%~80%が水分でできているといわれています。そして、その体の健康を保つためには、適量の水を摂取することが大切です。
日頃からどれくらい飲んでいるか量をチェックし、1日に必要な水分量を把握してあげることが好ましいですね。

 

<1日に必要な水分量>
計算方法1  体重(kg)0.75乗×132(ml)
計算方法2  体重(kg)×30+70(ml)

犬と猫が1日に必要な水分量

 体重(kg) 2 3 4 5 6 7 10 15  20 25  30  35  40 
190 260 320 370 430 480 530 580 630 850 1060 1250 1440 1610 1780
140 190 240 280 320 360 400 440 470            

引用:環境省「飼い主のためのペットフードガイドライン」体調管理について

 

 

2.インスタントもあなどれません  2.ペットとミネラルウォーター

水に含まれるミネラル成分の量によって、軟水と硬水に分けられます。
硬水にはミネラルが多く含まれていて、ペットが日常的に摂取すると体で処理することができず、お腹を下したり結石のリスクをともないます。特に小型のペットはミネラルを代謝しにくいため、結石ができやすくなります。一度結石になってしまうと、再発しやすいとも言われています。
このように、人間にとっては必要なミネラルも、ペットの特徴や体調によって、避けたほうが良い場合もあります。
市販のミネラルウォーターには、人工的にカルシウムやマグネシウムなどのミネラルを加えたものもあるので、ペットの飲み物を選ぶときは、ミネラルの成分表示を見て影響がないか確認してみましょう。

 

 

 

3.フリーズドライにも適した温度  3.ミネラルってなに?

ミネラルとは、糖質・脂質・たんぱく質・ビタミンと並ぶ五大栄養素のひとつです。
代表的なものとしてカルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛などが挙げられます。

 

 

 

4.スポーツドリンクも粉末で便利  4.ペットに適したお水とは

日本の水道水は厳しい基準で軟水に保たれているので、犬・猫には比較的安心して飲ませることができます。
ちなみに、水道水にカルキが含まれていることを心配される飼い主の方もいらっしゃいますが、置き水としてはカルキが入っている分、菌が繁殖しづらいというメリットもあります。
また、ROフィルターでろ過したお水は、ミネラル分などをすべて取り除いた純水になります。ミネラルの摂取量を管理する必要があるペットには、ROフィルターを搭載した浄水器や、RO水の宅配などを検討しても良いでしょう。

 

 

4.スポーツドリンクも粉末で便利  5.愛犬・愛猫も脱水症に!

犬や猫が脱水症を引き起こす原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
人間と違って全身が毛皮で覆われている犬や猫は汗をかくことができません。
夏の暑い日や冬に暖房の効いた部屋でも熱中症による脱水症をひきおこすおそれがあります。
私たち人間は、普段の食事で水分をある程度摂取することができますが、犬や猫はドライフードを食べることが多く、食事から摂れる水分量はわずかです。
いつでも新鮮な飲み水が飲みたいときに飲めるような環境をつくることが大事です。
特に猫は、水分不足によって尿路結石などの病気につながります。もともと乾燥地帯に多く生息していた動物なので、体内に水分を蓄えやすく、なかなか尿となって排出されません。そのため腎臓に負担がかかりやすいようです。

 

水の飲みすぎは病気のサイン

 

5.水割りも美味しく  6.水の飲みすぎは病気のサイン

犬や猫が大量の水を飲むようになったり、1日で体重1kgあたり100mlを超えるのが3日以上続いた場合には病気も考えられます。
水をよく飲む病気の原因としては、糖尿病、腎臓、肝臓疾患、ホルモンの異常などが考えられます。
また、ペットにもそれぞれ個性があり、同じ犬種・猫種であっても年齢・体型・個体ごとの体質・飼育環境によっても必要な水分量は異なります。
体調がいつもと違うときは、早めの段階で獣医師に相談しましょう。

 

愛犬・愛猫も脱水症に!

 

 

 

参考文献

  • 「現代にゃん語の基礎知識」
  • 「猫のための家庭の医学」
  • 「室内犬の飼い方しつけ方」

 

 

 

ウォータースタンド活用術

 

 

ウォータースタンド活用術ウォーターサーバー浄水器の知識お水で健康にお水でキレイに育児でお水NEW