汗かき上手になるには

汗かき上手になるには

 

私たちがかく汗には「よい汗」と「わるい汗」があるのはご存知でしょうか。
汗が「におう」「ベタつく」などの肌トラブルは、身体にとって「わるい汗」が原因といわれています。
健康な身体をつくるためにも、よい汗をかくことが大切です。

 

 

汗かき上手になるには

 

  《目次》
  • 1.汗がでるしくみ
  • 2.よい汗、わるい汗の特徴
  • 3.汗腺の機能低下による問題
  • 4.よい汗をかくための生活習慣
  • 5.汗かき上手は水分補給も上級者

 

 

1.汗がでるしくみ  1.汗がでるしくみ

人が汗をかくのは体温調節が目的です。汗は皮膚にあるエクリン腺といわれる汗腺でつくられます。そのほとんどの成分は水です。身体の体温が上がったときに、身体の水分を汗として放散させることで体温を一定に保つ働きをしています。

 

 

2.よい汗、わるい汗の特徴  2.よい汗、わるい汗の特徴

よい汗の特徴は、皮膚表面で蒸発しやすく、汗の粒が小さくサラサラしています。わるい汗は、汗の粒が大きくネバネバしています。また蒸発しにくいため、体温を調節する効率も悪くなります。

汗の成分の99%は水分で、残りは塩分やミネラル、乳酸などの老廃物です。汗腺は血管の中から汗の原料である血漿(けっしょう)をくみあげます。その後汗腺は体に必要なミネラルを血液に戻し、残った水分などが汗として体外に排出されます(血漿(けっしょう)の再吸収)。この機能が正常に働けば無味無臭のよい汗となりますが、汗腺の機能が低下していると再吸収がうまくできず、必要な成分や老廃物を含んだしょっぱくてにおいの強い、わるい汗になります。わるい汗には本来身体に必要な成分を含んでいるため、大量に発汗すると疲れやすくなったり、熱中症を起こしやすくなったりします。

 

 

3.汗腺の機能低下による問題  3.汗腺の機能低下による問題

通常、春先から夏に向けて発汗量を増やし、夏の体温調節の準備に入るのですが、近年ではエアコンが完備されているため、汗をかく機能が高まらない状態で夏を迎える人も多くなっているといわれています。
夏の間、エアコンに長時間あたり体が冷え切ってしまい、暑い屋外へ出てもなかなか汗をかけない状態になることはありませんか。
汗腺が休んだ状態でいると、塩分濃度の高いネバネバした汗が出て不快になるので、外出も運動もおっくうになりがちです。このような悪循環で体温調節がうまくいかなくなると、夏バテや熱中症をひきおこす要因となります。

 

汗腺の機能低下による問題

 

 

4.よい汗をかくための生活習慣  4.よい汗をかくための生活習慣

日頃から汗腺を鍛えることで、暑さにも慣れてよい汗をかくことができます。運動や入浴法などで汗を上手にコントロールし、汗腺を高めましょう。

1.軽めの有酸素運動
朝夕の涼しい時間帯にウォーキングすることをおすすめします。運動は生活習慣病を予防し、健康で長生きするためにも欠かせない習慣のひとつで、心身のリラックス効果も期待できます。
ウォーキングに慣れてきたら、「インターバル・ウォーキング」をしてみましょう。インターバルウォーキングとは、ウォーキングに強弱をつける方法で、5分間ゆっくり歩いたら次の5分間は1.5倍くらいの速さで歩きます。これを20分から30分くらい歩くのが目安となります。

 

むくみやすい人

 

2.ストレッチ・ヨガ
硬くなってしまった筋肉をゆっくりと伸ばすことで血行がよくなり、筋肉への酸素・栄養供給を促進してくれます。
お風呂あがりに行うことでより筋肉が柔らかくなり疲労回復にも効果があります。

 

ストレッチ・ヨガ

 

3.手足の温浴効果
手足をお湯に浸けて温めると、汗腺が活性化します。
まず、洗面器やバケツを使って少し高めの温度(42℃~44℃)のお湯をいれ、手と足首を同時に浸けてゆっくりと温めます全身浴ではなく手足だけ浸けるのは、温まった手足から血液が全身にめぐり、体の芯まで温めるので汗腺が活性化しサラサラの汗が出るようになるからです。

 

手足の温浴効果

 

 

 

5.汗かき上手は水分補給も上級者  5.汗かき上手は水分補給も上級者

日常生活においての水分補給はもちろんですが、運動するときは普段よりも水分補給が大切になります。運動することで新陳代謝が高まって汗が出やすくなるので、脱水症状をおこさないためにも水分摂取は欠かさないよう気をつけましょう。
「たくさん運動したから冷たいスポーツドリンク」「少し肌寒いから温かい飲み物」というふうに、その日の過ごし方や体調によって身体を潤してみてはいかがでしょうか。

 

手足の温浴効果

 

 

 

 

参考文献

  • 「正しい水の飲み方・選び方」
  • 「コップ1杯からのミネラルウォーター活用術」

 

 

ウォータースタンド活用術