《公式》ウォータースタンド | TOP > お水の活用術 > 美味しいご飯を炊くためのコツ

美味しいご飯を炊くためのコツ

美味しいご飯を炊くためのコツ

 

お米は最初につけたお水を一番吸収します。また、炊く前に浸けるお水も炊き具合に影響します。まずは、お米研ぎの最初と最後に美味しいお水を使ってみてください。

 

美味しいご飯を炊くためのコツ

 

 

もっと、美味しくご飯を炊きたい方は、以下のやり方を実践してみて下さい。
ウォータースタンドを使って美味しいお米の研ぎ方をご紹介します。

 

  《目次》
  • 1.ウォータースタンドで炊くご飯
  • 2.美味しいご飯のための研ぎ方
  • 3.ご飯がもっと美味しくなる豆知識

 

 

1.ウォータースタンドで炊くご飯  1.ウォータースタンドで炊くご飯

お米は味や臭いを吸収しやすいため、お水選びはとても重要です。水道水に含まれている塩素やカルキ臭などが取り除かれたウォータースタンドのお水なら、雑味のないご飯に炊き上がるので、是非ウォータースタンドのお水を活用してください。

<ナノラピアネオの便利なお水の抽出方法>
①ダイヤルをこのマーク(常温水)にあわせます。
(連続抽出する場合)
②レバーを手前に引きます
③ボウルに水をたっぷり入れます。

 

美味しいご飯を炊くためのコツ

 

 

2.美味しいご飯のための研ぎ方  2.美味しいご飯のための研ぎ方

お米の研ぎ方は、お米の炊きあがりや味を左右するといわれています。基本の研ぎ方を知って美味しいご飯を食べましょう。

洗米はすばやく ⇒ ていねいに優しく研ぐ ⇒ すすぎ ⇒ 浸水

 

 

①洗米はスピーディーに 
ウォータースタンドのお水が入ったボウルに目の細かいザルをセットし、計量したお米を入れます。さっと手で混ぜたらお水はすぐに捨てます。お米の表面についたホコリやぬかを取り除くためです。お米が浸る程度のお水を加え、再び手でさっと混ぜてすぐにお水を捨てます。この作業を2~3回繰り返します。
洗米は、にごった水に含まれるぬかや臭いをお米が吸ってしまわないための大事な手順です。

 

美味しいご飯を炊くためのコツ

 

 

 

ウォータースタンドの使い方のコツ1
お米を研ぐ際にはたっぷりの常温水が必要です。ウォータースタンドがシンクから離れている場合、あらかじめ※ピッチャーなどに常温水をたくさん溜めておくと、すばやく洗米できて便利です。
※ピッチャーの代わりに大きめの計量カップ・ボウル・片手鍋でも代用できます。

 

 

 

②ていねいに優しく研ぐ
にごった水を捨て、軽く水切りしたらお米を研ぎます。研ぐときは、野球ボールを握っているような形にして大きく円を描くように20回ほど手早くかき回します。お米の粒が割れる原因にもなるので、優しく洗いましょう。

 

ていねいに優しく研ぐ

 

 

③すすぎの目安
研ぎ終わったらお水を入れて2~3回すすぎます。水がまだ濁っているからと何度もすすぐと、お米の美味しさや栄養分が逃げてしまうので、お米がうっすら透ける程度で終えましょう。

 

すすぎの目安

 

 

④浸水
炊飯器釜にお米を移して目盛りまでウォータースタンドのお水を加えます。最近の炊飯器では浸水時間の必要のない機種もありますが、最低でも20分は浸水させましょう。

美味しいご飯を炊くためのコツ

 

 

ウォータースタンドの使い方のコツ2
スタートから沸騰するまでの時間が長くなることでご飯の甘みが増すといわれています。炊く前に1合につき1個の氷を入れて目盛りを合わせて炊くという方法があります。 ウォータースタンドには冷水機能があるので、氷の代わりに冷水を入れた状態で炊いてみてください。氷と同じ効果でふっくらおいしく炊き上がりますよ。

 

 

 

3.ごはんがもっと美味しくなる豆知識
  3.ごはんがもっと美味しくなる豆知識

お米研ぎの基本的な方法をご紹介しましたが、新米・古米・食べる時期によって適した研ぎ方があります。さらに美味しさを求める方は、下記の表を参照してください。

 

食べる時期に合わせたお米の研ぎ方

新米  古米
手指を立て、力を入れずに円を描くように軽く研ぐ 米同士をすり合わせるように手の付け根でギュっと押して研ぐ
9月~10月
3~4回軽く水洗いし、すすぎ1回程度
4月~8月
基本の方法で3~4回研ぎ、すすぎ2回程度
11月~4月
基本の方法で3~4回研ぎ、すすぎ2回程度
8月~新米が出るまで
臭いが消えるまでしっかり研ぐ
お米とお水の関係

お米を炊くには、軟水・硬水といった水の違いでもご飯の炊き上がりはまったく変わってしまいます。
ふっくらと艶やかなご飯を炊き上げるなら、カルシウムの少ない硬度100以下の軟水をオススメします。硬水で炊くと、硬水に含まれるカルシウム分が食物繊維を硬くさせてしまい、粘りけのないパサパサしたご飯になります。炒めたりエスニック料理のご飯(インディカ米)には向いているので、その料理にあったお米とお水を使い分けて炊いてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

ウォータースタンド活用術

 

 

ウォータースタンド活用術ウォーターサーバー浄水器の知識お水で健康にお水でキレイに育児でお水環境とお水