環境に配慮したストロー

環境に配慮したストロー

 

 冷たいドリンクを注文すると、プラカップとストローを受け取ることが当たり前の光景でした。しかし環境保護のため、プラスチック製ストローを廃止または見直ししようという動きが急速に広がってきています。プラスチック製ストローはリサイクルすることができません。細長い形状のため、ゴミ処理のシステムやゴミ袋などからもすり抜けて自然環境へ流出しやすくなるゴミの要因でもあります。
 保護されたウミガメの鼻に刺さったプラスチック製ストローを引き抜いた動画が、SNSなどで拡散し話題になったことでも注目を浴びました。

 

環境に配慮したストロー

 

 

新時代のマイストロー

そのような中『マイ箸』に続いて『マイストロー』が女性を中心に広まりつつあります。小さなことからではありますが、マイストローを使うことでプラスチックゴミも減り、自然環境を守ることにもつながるのではないでしょうか。

 

 

 

 

ストロー使用禁止は不便な面も

環境的な理由からプラスチック製ストローが廃止されてしまうと、ストローを必要としている小さいお子さまや体の不自由な方の生活が困難になるおそれがあります。

プラスチックストローの代わりとなる代替ストローにはどのようなものがあるでしょう。マイストローに最適なストローを素材別にご紹介していきます。ストロー内部を洗える専用ブラシがセットになったものも販売されています。曲がった形状のタイプもあるため専用のブラシがついているものだと衛生的です。

 

アルミ製ストロー

 

アルミ製

○サビや腐食に強く耐食性が優れる
○無害・無臭で衛生的
○熱伝導率がよく冷たさを感じやすい
○比較的手に入りやすい値段
△軽量だが変形しやすい

ステンレス製ストロー

 

ステンレス製

○サビや腐食に強く耐食性に優れる
○強度が強く傷がつきにくい
△アルミ製に比べるとやや値段が高い

 

チタン製ストロー

 

チタン製

○サビや腐食に強く耐食性に優れる
○軽くて強度がある
○無害で衛生的
△比較的値段が高い

シリコン製ストロー

 

シリコン製

○柔らかく滑らかで口に優しい
○軽量で適応性に優れ、用途に応じてカットできる

 

紙製ストロー

 

紙製

△プラスチック製に比べ耐久性は落ちる
○ラミネート加工技術の進歩で耐久性がアップ
○感触は温かくてしっとりした感じ
△プラスチック製に比べてコストがかかる
×長時間水分に浸しておくとふやける

木製ストロー

 

木製

○長時間水分に浸してもふやけない
○木の香りをつけることも無臭にすることも可能
△プラスチック製に比べてコストがかかる

 

その他

 

その他

ライ麦・大麦・竹(バンブー)・リサイクルガラス
パスタやちくわなどの食材での代替

 

 

 

 

 

 

意外と知らないストローの歴史

 現在のストローはプラスチックが主流ですが、ストローはどんな材質で出来ていたのでしょうか。
ストローは麦わら帽子(straw-hat) のストロー、すなわち麦の穂を切り残った部分のことを指していました。沈殿物や浮遊物の多い自然酵母を発酵させたビールを飲むとき、澄んだ液体を飲むために葦(あし)のストローが使われていたといわれています。
 日本でのストローのはじまりは明治時代からで、岡山県の寄島町が発祥といわれています。麦わら帽子の生産が盛んなことから麦わらを原料としたストローの生産がはじまったようです。原料の麦わらが減産したし原料の品質が不揃いであることから、紙ストロー(紙麦わら帽子を巻いて筒状にしたストロー)へと移行 しましたが、ビニールストローへと移行し、そして、現在のポリプロピレンを原料としたストローに至っています。
ポリプロピレンが軽量で硬質ながら折り曲げることができる利便性から、大量にプラスチックストローが生産されるようになりました。ポリプロピレンは絶縁性が高く、薬品にも強いという性質からストロー以外では、電化製品の通信機器の絶縁体や薬品の容器・包装などにも使われています。

 

 

ウォータースタンド活用術

 

 

ウォータースタンド活用術ウォーターサーバー浄水器の知識お水の知識お水でキレイに育児でお水環境とお水