妊娠・育児のお水

ウォータースタンド活用術ウォーターサーバー浄水器の知識お水の知識お水でキレイに育児でお水環境とお水

 

 

妊娠・育児のお水

 

赤ちゃんや小さいお子さんの成長にはお水が不可欠です。また、赤ちゃんを産むお母さんの体に適切な水分補給が必要です。大人と子どもの身体の違いなども交えながら、お水を使った体調管理のコツなどを紹介しています。

 

 

妊娠中の正しい水分補給

妊娠中の正しい水分補給
成人女性の身体の約60%が水分でできています。また一般的に、普段からの水分補給に必要な量は、1日に1.5〜2.0Lがのぞましいと言われています。 そして、妊娠中は体に変化が起こることで、より多くの水分が必要となります。 では、どのくらいの量を、どのように飲めばよいでしょうか。 妊娠中の生活を健康的に過ごすために、また、おなかの赤ちゃんの成長のためにも、正しい水分補給について把握しておきましょう。

赤ちゃんが水を飲まない時の対処法は?

赤ちゃんが水を飲まない時の対処法は?
赤ちゃんが水を飲まない時の対処法について

赤ちゃんのミルクに適した水とは

赤ちゃんのミルクに適した水とは
赤ちゃんのミルクに適した水について

ベビーフードの上手な使い方

ベビーフードの上手な使い方
はじめて子育てを経験するママにとって、離乳食作りは特別で大変かもしれません。 そんなとき、お湯を注いで戻すだけ、レンジで温めるだけで食べさせることのできるベヒーフードは、大変便利ですよね。また、外出先や時間のないときやママの体調が悪いときなどには頼れる存在となります。 たくさんあって迷いそうなベビーフードのラインナップですが、用途によって使い分ければとても便利です。ここではベビーフードの上手な使い方についてご紹介しています。

ベビーフードの上手な使い方

赤ちゃんに適したお水と水分補給
成人の体の約60%が水分でできていますが、赤ちゃんの体は約75%が水分でできています。赤ちゃんは水分を吸収してから排出するまでの時間が大人よりもずっと短いので、授乳やおむつ替えの頻度が高いのは当然ですね。
赤ちゃんは大人より汗をかきやすく、便秘になったり病気にかかるとさらに脱水症状を起こしやすくなるため、こまめな水分補給か必要です。
ここでは赤ちゃんに適したお水と水分補給についてご紹介します。

ベビーフードの上手な使い方

赤ちゃんの味覚を育てる離乳食
赤ちゃんの離乳期は母乳やミルクだけでは補えない栄養素を摂取するだけでなく、赤ちゃんの味覚を育てるための大切な時期といわれています。「3歳までに一生の味覚が決まる」といわれるほど、赤ちゃんの味覚はとても繊細です。
ここでは、味覚がどのように形成されていくのか、離乳期からできる味覚の育て方などをご紹介します。