美容・健康のお水

ウォータースタンド活用術ウォーターサーバー浄水器の知識お水の知識お水でキレイに育児でお水環境とお水

 

 

美容・健康のお水

 

お水の種類や飲み方で、美容や健康への効果が変わります。スキンケアやダイエットに取り入れたいお水の活用法なども紹介しています。正しい知識でお水を活用することで、よりよい結果を手に入れましょう!

お水と健康について

お水と健康について
体にいいお水の飲み方って?どうせ飲むならキレイなお水、おいしいお水を飲みたい。
お水で健康になりたい方、体にいいお水習慣をチェックしておきましょう。

お水がもたらす美容と健康の効果

 お水がもたらす美容と健康の効果
「お水を飲むことが美容と健康にいい」という事をご存知の方も多くいらっしゃることと思います。では、「具体的にどんな効果があるの?」というと、詳しくご存知ない方も多いのではないでしょうか。成人の体の約60%が水分でできています。そして、6%の減少で水分調整の働きを失います。水分の減少は生命の危機につながりかねません。この体の仕組みを知ると、いかに普段からの水分補給が必要かということがわかりますね。 ここでは、お水を飲むことが、美容と健康にどのように効果があるのかをご紹介します。

美容に効く、白湯(さゆ)の飲み方

 美容に効く、白湯(さゆ)の飲み方
白湯(さゆ)は健康と美容にいろいろな効果があると言われています。
例えば、低体温の人は目覚めてからもボーッとしてしまってなかなか行動できなかったり、スムーズに次の動作への切り替えができないことがありますが、白湯を飲むことで体を目覚めさせることができます。
白湯の便利な作り方と、効果的な飲み方をご紹介します。

上手にお水を飲むための6つのタイミングと2つの飲み方

 上手にお水を飲むための6つのタイミングと2つの飲み方
人は1日に2リットル以上の水分を失います。 成人で排出する水分の割合(目安)は、尿で約1400~1500ml、便で100~200ml、肺・皮膚から約900mlです。 よって、飲み物や食べ物でこの水分を補う必要があります。 成人が飲み物で摂取する水分量は約1.5~2リットルが望ましいとされています。

健康に、美容に、炭酸水活用術

 健康に、美容に、炭酸水活用術
刺激と爽快感を味わえる炭酸水には、健康効果や美容効果があることはご存知でしょうか。
炭酸水の効果を知って、健康に、美容に、普段の生活に役立てましょう。

むくみを解消する水の飲み方

 むくみを解消する水の飲み方
お水を飲みすぎると「水太りする」と思っている方も多いようですが、そのイメージは「むくみ」からきています。むしろ、ダイエットにチャレンジしてもなかなか痩せられない原因が「水分不足」なんていうこともあるのです。
水はカロリーゼロなので飲んで太るということはありません。正しい水の飲み方を知ればむくみも解消し、すっきりとした見た目になれるかもしれませんね。

汗かき上手になるには

汗かき上手になるには
私たちがかく汗には「よい汗」と「わるい汗」があるのはご存知でしょうか。 汗が「におう」「ベタつく」などの肌トラブルは、身体にとって「わるい汗」が原因といわれています。 健康な身体をつくるためにも、よい汗をかくことが大切です。

禁煙にも効果がある水分補給

 禁煙にも効果がある水分補給
公共施設や職場での分煙や路上禁煙が急速に広まってきています。健康への害を危惧して、禁煙グッズを使ってみたり、禁煙外来に通ったりと努力している方も多いのではないでしょうか。 ちなみに、厚生労働省の健康調査によると、男性の喫煙率は年々下がってきているのに対して女性の喫煙率は横ばい状態だそうです。 ここでは、お水を飲むことで喫煙の害を和らげる方法をご紹介します。

運動・スポーツに欠かせない水分補給

 運動・スポーツに欠かせない水分補給
運動・スポーツをするときに欠かせない水分補給ですが、補給の正しいタイミングや量はどのくらいかご存知でしょうか。 運動・スポーツ時に水分補給を怠ると、脱水による危険な状態になることもあります。 水分補給のタイミングや量を間違えないように正しく把握しておきましょう。

健康によいハーブティーの飲み方

 健康によいハーブティーの飲み方
現代は「ストレス社会」と言われるほど、心身ともに疲れている人が増え、そのストレスが病気を引き起こす原因になるとも言われています。 ハーブは、そのような背景の中で『癒し』効果を期待されて注目されるようになってきました。 時代や暮らしのスタイルに合わせて、活用法も広がり、私たちの身近な存在になってきています。

お酒を飲むときに気をつけたい水分補給

 お酒を飲むときに気をつけたい水分補給
お酒が好きな方も、付き合いで飲むことが殆どという人も、お酒を飲んで体調を崩してしまった経験が1度や2度はあるのではないでしょうか。どうせ飲むなら美味しく、楽しく飲みたいし、なるべくならお酒の失敗はしないほうがいいですね。健康的にお酒を楽しむために、水分補給の必要性について把握しておきましょう。

高齢者の熱中症対策と水分補給

 高齢者の熱中症対策と水分補給
熱中症の救急搬送患者のおよそ半数が65歳以上の高齢者です。高齢になればなるほど唾液の分泌量が減るため、のどの渇きを感じにくくなってしまい、「水分補給が大事なことはわかっているけどなかなか水を飲み続けられない」という人が多いそうです。高齢者の熱中症対策を考えるうえでは、特に意識的に水分を摂る必要があります。

ペットのからだにもいいお水を

 ペットのからだにもいいお水を
愛犬・猫には、普段どんなお水をのませていますか?
ペットの健康に気をつかう人たちの間では、ペットフードだけでなくペットの飲み水に対しても関心が高まってきています。水道水や浄水器、市販のミネラルウォーターやペット専用のお水など、選択肢はいろいろありますね。
かわいいペットたちにどのような水を飲ませてあげたらよいのでしょうか?

冬の「かくれ脱水」に要注意

 冬の「かくれ脱水」に要注意
冬に起こる脱水症状を「かくれ脱水」と言われているのをご存知でしょうか。
冬は、夏に比べて空気が乾燥し、湿度も下がるため体から水分が奪われやすくなります。
喉が渇きにくいなどの理由でお水を飲む量が少ないこともあり、脱水していることに気づきにくくなります。しっかり対策をしましょう。

アレルギー疾患と水の関係性について

 アレルギー疾患と水の関係性について
現代はストレスや環境によって花粉症をはじめ、アトピー・喘息・じんましん・皮膚炎など、アレルギー疾患であふれています。アレルギー疾患者は年々増加し、乳幼児から高齢者まで国民の約二人に一人が何らかのアレルギー疾患であるといわれています。症状を悪化させる原因のひとつに、「水」が関係しているという考えが唱えられることがあります。 ここではアレルギー疾患と水の関係性についてご紹介します。

熱中症対策に効果的な水分補給

 熱中症対策に効果的な水分補給
暑さにまだ慣れていない初夏や、梅雨明けして気温や湿度が急に上昇する7月~8月は、熱中症になる人が増える時期です。熱中症の予防には水分補給が基本ですが、間違った水分補給をすると体調不良の原因や血糖値をあげることにもつながるので、適切な予防が必要です。
ここでは、熱中症対策に効果的な水分補給のポイントなどをご紹介します。