ウォーターサーバーでインスタント食品を美味しく便利に

ウォータースタンドのある暮らし

更新:

お湯を注いだら手軽に短時間で完成するのがインスタント食品ですが、水道直結ウォーターサーバー『ウォータースタンド』の温水があれば、より便利に快適にしてくれます。
ここではインスタント食品と相性の良いウォータースタンドのおすすめの使い方をご紹介しています。

ウォーターサーバーでインスタント食品を美味しく便利に
  1. カップ麺に適した温度は?
  2. 色々なインスタント食品を楽しみましょう
  3. インスタント食品にまつわる豆知識

カップ麺に適した温度は?

カップ麺の調理に使うお湯の温度は、沸騰した温度を想定しているそうです。ウォータースタンドの温水のタンク内温度は約85~93℃ですが、舌がヤケドするほど熱いものは苦手、という人にはちょうど食べ頃の熱さでいただけます。熱々のものを食べたい!という場合でも、ウォータースタンドの温水をやかんや鍋で沸かせば、数分と経たないうちに沸騰し、熱湯ができます。

熱湯が出るウォーターサーバーがないのは?

一般的なウォーターサーバーのお湯の温度は80℃前後です。100℃を保つお湯を維持するには、より高い温度で保温し続ける必要があるので、それだけ電気代も高くなります。ウォーターサーバーは節電やタンクの劣化を早めないためにも高すぎない温水設定がされています。

色々なインスタント食品を楽しみましょう

最近のインスタント食品は、具沢山でクオリティの高いものが多く、リピートする人も多いようです。このようなインスタント食品に欠かせないのがお湯です。お湯をカップなどの器に入れるだけでいろいろなインスタント食品が楽しめます。

フリーズドライ食品

フリーズドライ食品出

フリーズドライ食品は、一度凍結させた食品を真空状態で水分を乾燥させる「真空凍結乾燥法」で加工されたものです。食べる時はお湯を注ぎ、元の状態に戻して利用します。フリーズドライ技術の進歩により、店頭で見かけるおなじみのものから料亭やレストランで食べるようなリッチなものまで登場しています。いろいろな味を食べ比べしてみてもいいですね。

即席味噌汁・粉末スープ

即席味噌汁・粉末スープ」

即席味噌汁でも、粉末スープでも、常備しておけば便利なインスタント食品。ランチタイムの一品や小腹が減ったときにも、ウォータースタンドのお湯でさっと作れてお腹を満たしてくれます。寒い日などには、体を温めてくれる効果もあるので、体を目覚めさせたい朝に温かい味噌汁やスープを飲むといいですね。

レトルト食品の温めにも

レトルト食品の温めにも

レトルト食品を温めるのに、ウォータースタンドのお湯を使うのはなんとなくもったいない、と思っていませんか?
ウォータースタンドはボトルウォーターの購入がない水道直結タイプ。だからレトルト食品を温めるお湯も気兼ねなく使えます。ウォータースタンドのお湯から沸騰させると時短にもなります。 

カップ焼きそばのお湯にも

カップ焼きそばのお湯に

カップラーメンと並び人気の高い「カップ焼きそば」も、お湯を入れるだけで手軽に食べられるのが魅力です。ボトル型のウォーターサーバーの場合、入れている途中で水切れになってしまうと大変ですが、水道直結のウォータースタンドなら、そのような失敗がありません。最終的に湯切りして流す水でも、気にすることなくお使いいただけます。

インスタントコーヒー

インスタントコーヒー
▲ 水道直結ウォーターサーバー ウォータースタンド ガーディアン

手軽に飲めるインスタントコーヒーは、仕事中やおやつタイムで一息入れたいときにお湯を入れるだけですぐ飲めて便利ですね。インスタントでも工夫次第でいつもとは違う香りと味を楽しめます。ポイントはコーヒーの粉をティースプーン1杯分の「水」でダマがなくなるまでよく練ること。お湯ではダマが出来て粉っぽい味になるので、必ずお水で練ってから温水を120~140ccほど注ぎます。

インスタント食品にまつわる豆知識

■災害時にもお水でカップ麺

お湯を注いでおいしく食べられるカップ麺ですが、災害時、電気もガスも使えない場合でも水を入れて作ることができると話題になりました。通常、カップ麺はお湯を注いで3分程でできますが、常温の水の場合は45~60分経てば食べられるようです。ラーメンだけでなくカップ焼きそばや袋麺でも同様のことができるといわれています。災害時などお湯が沸かせない環境などで非常に役に立つ調理法ですね。

■優秀なフリーズドライ食品

フリーズドライとは、調理したものを-40℃程度の低温で急速に凍らせて乾燥させた保存製法のことです。真空状態で乾燥させるため、食材本来の栄養素を損なうことなく品質がほぼ変わらないのが特徴です。野菜によっては熱でビタミンなどの栄養価栄を損なうことなく、栄養をとる手段としても長期の保存食としても効果的ですね。

■インスタントラーメンは意外な食べ物をヒントに

インスタントラーメンを開発したのは日清創業者の安藤百福氏です。長期保存のために麺を乾燥させなければならず、ある時、奥さまが夕食にてんぷらを揚げているのを見て、高温の油で麺を揚げ、麺に含まれる水分を蒸発させようと考えたそうです。その製法は『瞬間油熱乾燥法』と呼ばれ、現在のインスタントラーメンでも使われています。

水道直結ウォーターサーバー ウォータースタンド 製品ラインナップ 水道直結ウォーターサーバー ウォータースタンド 製品ラインナップ

参考
日本即席食品工業協会 インスタントラーメン図鑑
警視庁HP「災害に備える」
農林水産省HP「フリーズドライ食品」
NISSIN GROUP HP「安藤百福クロニクル」

ウォータースタンド ガーディアン 日本子育て支援大賞2021受賞
ウォータースタンド資料請求

< 関連記事 >

お電話でのお問合せ 0120-032おみず-114いいよ

新規お申込みのご相談、故障、アフターサービス、お支払い・契約内容の確認などご相談できます。

お申込み お申込み

各種製品のお申込みページです。

資料請求・お問合せ 資料請求・お問合せ

お水の製品・サービスに関するお問合せフォームです。ご相談など、お気軽にお問合せください。