ウォーターサーバーのデメリットは?メリットとの比較

ウォータースタンドのある暮らし

更新:

作成:

ウォーターサーバーを選ぶときには、使いやすさやコスト面などを知る必要があります。
ここではウォーターサーバーのメリット・デメリットを比較し、デメリットの部分を解消したウォータースタンドについてご紹介しています。

ウォーターサーバーのデメリットは?メリットとの比較
  1. ウォーターサーバーのデメリット
  2. ウォーターサーバーのメリット
  3. ウォーターサーバーのデメリットを解消したウォータースタンド

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーは、大きく分けて宅配型と浄水型の2つのタイプがあります、
ここではお水のボトルを使用する宅配型ウォーターサーバーでのデメリットを挙げています。

設置場所やお水の保管場所が必要

設置場所やお水の保管場所が必要

ウォーターサーバーの設置場所やお水の保管場所が必要となります。
一人暮らしや狭い家の場合、サーバーの置き場所の確保が難しいという人にはデメリットといえます。

お水を使えば使うほどお水代がかかる

お水を使えば使うほどお水代がかかる

ペットボトルの水の購入や簡易的な浄水器を使用していた場合に比べると、お水を消費する量の多い家庭ではお水代が割高になることがあります。

ボトル交換が面倒

ボトル交換が面倒

お水のボトルは12リットルタイプが主流なので、重いボトルを持ち上げて交換するのは面倒で負担に感じることもあります。

お水の保管場所や注文が手間

お水の保管場所や注文が手間

サーバー本体がコンパクトになっても、予備や空きボトルの保管スペースの確保が必要です。
また、定期配送だと飲み切れずにボトルを溜めてしまうことも。

電気代がかかる

電気代がかかる

冷水と温水の機能があるウォーターサーバーは、電気代が発生します。水代と合わせて電気代もかかることを考慮する必要があります。

ボトルのごみ出しや回収が手間

ボトルのごみ出しや回収が手間

お水のボトルを小さくつぶしてごみに出すこと、ボトルの回収まで保管しておくことが面倒に感じる人にはデメリットといえます。

ウォーターサーバーのメリット

冷水もお湯もすぐ使える

冷水もお湯もすぐ使える

ウォーターサーバーの最大のメリットは、いつでも好きなときに冷水やお湯が使えること。コーヒーを淹れたいとき、カップスープなどのインスタント食品を食べたいときも、電気ケトルやポットでお湯を沸かす必要がなくなります。

より安全でおいしいお水が飲める

より安全でおいしいお水が飲める

ウォーターサーバーのお水はミネラルの少ない軟水が使われているので、赤ちゃんのミルク作りや離乳食作りなどにも安心して利用できます。

水分補給が習慣になる

水分補給が習慣になる

ウォーターサーバーでお水を飲むようになると、熱中症や脱水症の予防にもなり、健康意識が高まります。

ペットボトルのお水を買う必要がない

ペットボトルのお水を買う必要がない

お水を自宅まで届けてくれるので、スーパーなどで重い水を持ち帰る労力がなくなります。 妊娠中や子育て中の人、高齢者の負担も軽減されます。

ペットボトルごみが減る

ペットボトルごみが減る

ペットボトルのお水を購入していた場合と比べると、ペットボトルごみが大幅に減ります。

デザイン性に優れている

デザイン性に優れている
▲水道直結ウォーターサーバー
ウォータースタンド アイコン

スタイリッシュなキッチン家電として魅力を感じるデザインも多く、ウォーターサーバーのある生活が楽しめます。

水道直結ウォーターサーバーなら
ウォータースタンド!

ウォータースタンド アイコン

ウォータースタンドは、卓上やカウンターにも置ける、コンパクトな水道直結ウォーターサーバー。

トップレベルの浄水能力と、ボトル不要の水道直結だから、冷水もお湯も常温水も使い放題。安心の定額制で、毎日の料理やドリンクに気兼ねなく使えます。

おすすめ製品 お問合せ

ウォーターサーバーのデメリットを解消したウォータースタンド

宅配型ウォーターサーバーのデメリットを解消する解決策として登場したのが、水道水をサーバー内のフィルターでお水をつくる水道直結型ウォーターサーバーのウォータースタンドです。

従来の宅配型ウォーターサーバーのように工場でお水を製造して宅配するのに対し、ウォータースタンドはご自宅でおいしいお水をつくるサーバーをレンタル提供します。

ボトルがない水道直結ウォーターサーバーだから、場所を取らないコンパクト設計。
使う人にも環境にもやさしい、便利なウォーターサーバーです。

ウォータースタンドのメリット

サーバーの設置場所やお水の保管場所が必要
⇒キッチンカウンターにも置けるコンパクトタイプがあり、お水のボトルがないので、保管する必要がありません。
お水を使えば使うほどお水代がかかる
⇒定額制で使い放題なので料理にも気軽に使えます。
ボトル交換が面倒
⇒そもそも交換がなく、お水を使った分は自動でつくられます。
ボトルのごみ出しや回収が手間
⇒お水の配達がないので、ごみ出しも回収もありません。
電気代がかかる
⇒節電タイプや電気を使わない常温水ウォーターサーバーもあります。
ボトルのごみ出しや回収が手間
⇒ボトルは使用しないので、ごみは一切出ません。
ウォータースタンド 製品ラインナップ ウォータースタンド 製品ラインナップ
参考
  • 日本宅配水&サーバー協会http://www.jdsa-net.org/

< 関連記事 >

ウォータースタンド ガーディアン 日本子育て支援大賞2021受賞
ウォータースタンド資料請求

お電話でのお問合せ 0120- 032 おみず - 114 いいよ

新規お申込みのご相談、故障、アフターサービス、お支払い・契約内容の確認などご相談できます。

お申込み お申込み

各種製品のお申込みページです。

資料請求・お問合せ 資料請求・お問合せ

資料請求、サービスに関するお問合せフォームです。ご相談など、お気軽にお問合せください。