ウォーターサーバーのランニングコストは?

ウォーターサーバーのランニングコストは?比較方法についての豆知識。

ウォーターサーバーのランニングコストは?

工場で造られたお水が自宅に送られてくる宅配水、いわゆるウォーターサーバーは安心安全、美味しいお水を求める方にとって魅力的ですね。ウォーターサーバーを選ぶうえでは、お水の種類にこだわる一方で、そのランニングコストについても把握しておきたいところです。

1.ウォーターサーバー(宅配水)の料金の比較方法は?

ウォーターサーバーの料金体系は、メーカーや代理店によっても様々ですが、下記の項目について、1年間、又は、2年間使用した場合の料金を調べると、料金の比較ができます。

  1. ウォーターサーバーのレンタル料金 → 無料or有料
  2. ウォーターサーバーのメンテナンス料金 → 無料or有料
  3. 宅配水の金額 → メーカーや銘柄によって異なる
  4. 宅配水の購入方法 → 定期購入or注文
  5. 解約時の手数料 → 無しor有り
  6. その他 → ポイント制など

また、これら以外のランニングコストとしては、サーバーの電気料金です。ただし、電気料金は家屋全体での電力使用状況やお水の使用量によっても変動するので、具体的な試算は難しいです。ウォーターサーバーの電気料金比較をする際は、基本の消費電力、タンク内の保温性能、省エネ運転機能などの能力の違いが参考になります。

2.ウォータースタンドのランニングコスト

宅配水のお水は各メーカーの工場で作られて各家庭へ配達されます。ウォータースタンドは高機能な浄水フィルターを搭載した新しいカテゴリーのウォーターサーバーで、ご自宅でお水を作れるようにしたものです。 料金体系は従来のウォーターサーバーと異なっていて、設置時に初期費用を払ってしまえば、後はウォーターサーバー本体のレンタル料金のみとなり、月々定額料金で、美味しいお水が使い放題となります。

  1. ウォーターサーバーのレンタル料金 → 機種によって異なる
  2. ウォーターサーバーのメンテナンス料金 → 無料
  3. 宅配水の金額 → 使った分の水道料金
  4. 宅配水の購入方法 → ※ 対象外です
  5. 解約時の手数料 → 1年以内の解約で有り
  6. その他 → 設置に関する費用

使えば使うほど、水道料金がかかりますが、例えば、1日に使う飲料用のお水が30ℓの場合は概算で月間約220円程度です。ウォータースタンドがなくても水道水を料理に使っていたことを考えれば、今まで支払っていた金額とそれほど変わらないで済みそうですね。
電気料金の目安としては、機種や利用状況によっても変わりますが、例えば、ナノラピア・ネオという機種で1日に使う温水が2ℓ・冷水3ℓ、1KWh = 22円とした場合は、1ヶ月当り概算で約600~700円となります。
フィルターはウォータースタンドの機種によって2~5種類搭載していますが、これらの換用費用もレンタル料金に含まれています。
また、専門スタッフが定期的に訪問するサーバーのメンテナスサービスもついています。

お電話でのお問合せ 0120-032おみず-114いいよ

新規お申込みのご相談、故障、アフターサービス、お支払い・契約内容の確認などご相談できます。

お申込み お申込み

各種製品のお申込みページです。

資料請求・お問合せ 資料請求・お問合せ

お水の製品・サービスに関するお問合せフォームです。ご相談など、お気軽にお問合せください。