水を飲むための6つのタイミングと正しい飲み方

ウォータースタンドのある暮らし

更新:

水分補給は、喉の渇きを潤すだけでなく、体調や健康状態を保つ上でもとても大切なことです。そのためには、こまめに水を飲むとよいとされていますが、間違った飲み方をしてしまうとかえって逆効果となります。
ここでは、お水を飲む習慣が身につくよう、飲むタイミングや飲み方についてご紹介しています。

水を飲むための6つのタイミングと正しい飲み方
  1. 失われるからだの水
  2. 1日に必要な水分量は?
  3. 水分補給のための飲み物はお水を中心に
  4. お水を飲むための6つのタイミング
  5. お水の正しい飲み方
  6. マイボトルを持ち歩こう

失われるからだの水

1日で人の体から排出される水分量は約2000~2500ミリリットルです。内訳としては、尿から約1000~1400ミリリットル、便から約200ミリリットル、その他呼吸や汗などからも約700~900ミリリットルの水分が失われていきます。運動をしている状態ではなく、普通に生活をしているだけでもこれだけの水分が失われているということは、体の機能を保つために、より多くの水分を補う必要があります。

1日に必要な水分量は?

大人が1日に必要な水分摂取量は、2200~2500ミリリットルといわれています。まず、食事からは約1000ミリリットルの水分を補います。食事で摂った栄養素を体内で分解したときにつくられる「代謝水」と呼ばれる水が約200~300ミリリットルつくられます。そうすると、飲み物では約1000~1200ミリリットルを摂る必要があります。

水分補給のための飲み物はお水を中心に

水分補給としての飲み物は「水」です。コーヒーやお茶などには利尿作用のあるカフェインが含まれているので、水分補給としての効果は期待できません。砂糖の多く含まれた清涼飲料水もできるだけ水に置き換えるようにすると、カロリーを抑えられて嬉しい効果があるかもしれません。

お水を飲むための6つのタイミング

(1)起床時
朝起きてすぐ飲むのは、眠っているあいだに汗などで出た水分を補うためです。
また、朝は胃腸などの内蔵機能が目覚めていない状態です。水を飲むことで自然な便意が誘発されます。
(2)食事の前
水分補給はなるべく胃の中が空っぽの状態がベストです。
胃の中に食べ物が入っていると、消化する際に水を過剰に溜め込みやすく「むくみ」の原因になります。
(3)汗をかいた後
何も運動をしなくても、汗をかくだけで気づかないあいだに水分不足になっていることがあります。また、水を飲むことで高くなった体温を下げる効果もあるので、いつもより多めに水分補給をしましょう。
(4)入浴前後
入浴中は汗をかいてたくさんの水分が出ていきます。入浴の前と後にお水を飲むのは、発汗を促す効果と汗で失われた水分を補うためです。
(5)運動前後
運動して体を動かすと、汗で水分が不足して熱中症になりがちです。運動中や前後にも意識して水分補給をしましょう。
(6)就寝時
運動して体を動かすと、汗で水分が出て行ってしまいます。屋外でのスポーツでは熱中症になってしまいますので、運動中や後にもこまめに水分補給をするようにしましょう。
上手にお水のお水を飲むための6つのタイミング

お水の正しい飲み方

(1)ゆっくりと飲む
どんなものでも一気飲みは体に負担がかかります。特にミネラルを多く含んだ硬水の場合は、味わうようにゆっくりと飲むことで吸収されやすくなります。
(2)冷えすぎた水を飲まない
暑いときは冷たい水がおいしく感じられますが、冷たすぎると胃に負担がかかります。冷たい水を大量に飲むと、おなかを壊したり体がだるくなりやすくなります。体に優しい常温水もしくは11~15℃くらいの水が理想的です。
(3)のどの渇きを感じる前
のどが渇いたときは、すでに体内が脱水状態です。のどが渇く前に少量ずつ、1日に7~8回のタイミングで、コップ1杯程度の水をこまめに飲むようにしましょう。
お水の正しい飲み方

マイボトルを持ち歩こう

ウォータースタンドでは、決まったタイミングでお水をいつでもどこでも飲めるよう『マイボトルを持ち歩く』というスタイルを提案しています。

散歩に出かけるときにも、職場にも、デスクに置いておくとボトルに手を伸ばしてすぐに水分補給ができます。

マイボトルにステンレスボトルを使えば、冷たい飲み物、温かい飲み物と分けられる点も便利ですね。

お出かけ先では、無料で水を汲める給水スポット(給水スタンド)も増えてきているので、利用してみてはいかがでしょうか。

マイボトルを持ち歩こう

ウォータースタンドショールームで水分補給

ウォータースタンド 給水スポット

ウォータースタンドは、美味しいお水を無料で試せるショールームを全国に展開しています。

お買い物のついでに立ち寄って水分補給、また、お手持ちのマイボトルに水を入れて飲みたいという方も、自由に入れていただけます。給水スタンドとして、ぜひお気軽にご利用ください。

参考
「コップ1杯からのミネラルウォーター活用術」
「知識ゼロからのミネラルウォーター入門」
厚生労働省 日本人の食事摂取基準
厚生労働「健康のため水を飲もう」推進運動
ウォータースタンド ガーディアン 日本子育て支援大賞2021受賞
ウォータースタンド資料請求

< 関連記事 >

お電話でのお問合せ 0120-032おみず-114いいよ

新規お申込みのご相談、故障、アフターサービス、お支払い・契約内容の確認などご相談できます。

お申込み お申込み

各種製品のお申込みページです。

資料請求・お問合せ 資料請求・お問合せ

お水の製品・サービスに関するお問合せフォームです。ご相談など、お気軽にお問合せください。