1日8回の水分補給で水太り解消

ウォータースタンドのある暮らし

更新:

在宅時間が増えた現在、運動不足に加えて食べすぎ飲みすぎで、太りやすい状況に陥りがちの方も増えているのではないでしょうか。食事のとり方や運動を取り入れることはもちろんですが、毎日口にしているお水に注目してみましょう。 ここでは太らないための水の飲み方、水分補給の重要性についてご紹介しています。

1日8回の水分補給で水太り解消
  1. 水太りってどういうもの?
  2. 水太りやむくみを解消する方法
  3. なぜ水分が必要なの?
  4. 太らないための水の飲み方
  5. ウォーターサーバーで正しい水ダイエット

水太りってどういうもの?

体内に水が溜まった状態、老廃物が残っている状態を水太りといいます。
私たちの体内の水分量は常に一定に保つようになっています。水分を摂取すると、リンパや血管を通って体内に吸収、または体の外へ排出されていきます。しかし水分を摂らないでいると循環が悪くなり、老廃物が溜まる原因=水太りになります。
水太りの状態では一時的に体重は増えますが、代謝が正常に機能されていれば余計な水分は体の外に排出されます。

水太りってどういうもの?

水太りやむくみを解消する方法

適度な運動

適度な運動

運動をすると血行がよくなり代謝があがります。在宅ワークや自粛期間が長引くと座りっぱなしで体を動かさなくなり筋力が衰えがちです。気分転換に近所を散歩する、室内でできる軽い運動を行い、筋肉のもととなる「たんぱく質」を積極的に摂るようにしましょう。

お風呂に入る

お風呂に入る

入浴による血行促進は、疲労回復や老廃物の排出作用も促されます。約38~40℃のぬるめの湯で半身浴をすることをおすすめします。また、入浴時の脱水予防のために、コップ1杯の水を、入浴の前後に摂るようしましょう。

※むくみには思わぬ病気が隠れている場合もあります。ご紹介した方法を試しても変化を感じられない場合は、専門医の受診をおすすめします。

なぜ水分が必要なの?

人の体は成人の場合、60%が水分でできています。生活しているだけで1日2~2.5リットル程度の水分を排出しています。 水太りするからと水を控えていると、便秘になったり代謝が落ちたりします。むしろ、痩せたい場合は、積極的に水分を摂りましょう。 水を飲むと効率よく脂肪燃焼をさせ、代謝を高める効果があります。体温は1℃上がると基礎代謝は12%もアップします。なぜなら水を飲むと体温は一時的には下がりますが、元の状態に戻そうとする働きで体内のエネルギーを消費するため、基礎体温が上がるからです。

  • Point「水を飲むと痩せる」のではなく、「痩せやすい体質になる」

太らないための水の飲み方

便秘気味の人やぽっこりしたお腹が気になる人は、まず水分不足を解消していきましょう。水分はまとめて摂ることはできないので、1日の中で飲むタイミングを決めて水を飲むようにしましょう。
一度に吸収できる水分量は、コップ1杯程度(200~250ml)をおすすめします。喉が渇いたと感じたときにはすでに脱水している状態なので、こまめに飲むことが大切です。

水分補給のタイミング

起床後

起床後

人は眠っているあいだにコップ1杯分もの汗をかくといわれています。睡眠中も代謝をしているので、寝起きの体は脱水状態になっています。起きたら常温水か白湯を飲むことをおすすめします。

食事前・食事中

食事前・食事中

空腹の状態で食べるとドカ食いをしてしまう可能性があります。食べ過ぎを防ぐ意味でも、食事前にお水や無糖の炭酸水を300mlほど飲むとよいです。味噌汁やスープなど汁物をたっぷり摂ることで栄養と同時に水分も摂ることができるので、できるだけメニューに加えるようにしましょう。

仕事中やおやつタイム

仕事中やおやつタイム

コーヒーや紅茶などをテレワーク中の休憩や気分転換に飲むのもよいですが、カフェインの入ったドリンクは利尿作用が働き、かえって体を冷やすことになります。砂糖やミルクをたっぷり入れて飲む方は糖分やカロリーに注意しましょう。

アルコールを飲む前、飲んだ後

アルコールを飲む前、飲んだ後

アルコール、とくにビールは飲んだ量の+100mlが尿となって排出されます。アルコールを飲んだらたっぷりと水分補給をしましょう。おつまみには、枝豆や豆腐、ナッツやチーズなど低カロリー高たんぱくなものを選ぶとより太りにくい体に。

運動する前後

運動する前後

運動中はたくさん汗をかきます。運動する30分前くらいには500ml程度の水分補給をしておきましょう。 激しい運動のあとは体重が減っていることが多いですが、それは体の水分が減ったことによる一時的なものです。減った分、しっかり水分補給をしましょう。

就寝前

就寝前

良質な眠りによって分泌される成長ホルモンは、体のさまざまな機能を修復したり脂肪を分解したりする働きがあるといわれています。 就寝30分前にノンカフェインの飲みもの、たとえばハーブティーや白湯などを飲むと安眠効果や脱水も予防もできます。

「美容に効く、白湯(さゆ)の飲み方」

ウォーターサーバーで正しい水ダイエット

ダイエットや健康管理をしたい人にとって、水分補給は重要です。ダイエット方法を大きく改善することも大切ですが、まずは毎日続けられそうな習慣を見つけましょう。

水道直結タイプのウォーターサーバーなら、ペットボトルや宅配水のように、お水を購入したり切らしたりする心配はありません。ウォータースタンドは白湯や常温水を飲みたい時にすぐ飲むことができ、ダイエットや健康維持を継続するアイテムとしても人気の家電製品です。

手軽に水を飲む習慣を身につけ、ダイエットを楽しむ生活を継続しましょう。

ウォーターサーバーで正しい水ダイエット
ウォータースタンド 製品ラインナップ ウォータースタンド 製品ラインナップ
ウォータースタンド ガーディアン 日本子育て支援大賞2021受賞
ウォータースタンド資料請求

< 関連記事 >

お電話でのお問合せ 0120-032おみず-114いいよ

新規お申込みのご相談、故障、アフターサービス、お支払い・契約内容の確認などご相談できます。

お申込み お申込み

各種製品のお申込みページです。

資料請求・お問合せ 資料請求・お問合せ

お水の製品・サービスに関するお問合せフォームです。ご相談など、お気軽にお問合せください。