《公式》ウォータースタンド | TOP > お水の活用術 > 美容・健康のお水 > 美容に効く、白湯(さゆ)の飲み方

美容に効く、白湯(さゆ)の飲み方

美容に効く、白湯(さゆ)の飲み方

美容に効く、白湯(さゆ)の飲み方

 

白湯(さゆ)は健康と美容にいろいろな効果があると言われています。
例えば、低体温の人は目覚めてからもボーッとしてしまってなかなか行動できなかったり、スムーズに次の動作への切り替えができないことがありますが、白湯を飲むことで体を目覚めさせることができます。
白湯の便利な作り方と、効果的な飲み方をご紹介します。

 

《目次》

 

1.白湯のいろいろな効果 1.白湯のいろいろな効果

白湯には、体を目覚めさせる他にもいろいろな効果が期待できます。下記は代表的な例です。

 

代謝をあげて痩せやすい体質に【代謝あげて痩せやすい体質に】

白湯を飲むと胃腸などの内臓機能を温めることができるので、飲んだ直後から全身の血の巡りがよくなります内臓温度が1℃あがると基礎代謝も約10~12%上昇して脂肪燃焼率がよくなります痩せやすい体質を維持できるのでダイエットに適しています。

美肌にする効果【美肌にする効果】

白湯には血液を温めて動脈や毛細血管を広げ、血液の流れをよくする効果があります。血流がよくなることで、デトックス効果が高まり、体内の老廃物が排出されやすくなります。その結果、肌のターンオーバーが整い、肌トラブルの解消にもつながるのです。

便秘やむくみを解消【便秘やむくみを解消】

外部温度よりも食べ物や飲み物などの影響を受けやすいのは深部体温といわれる臓器の温度です。体内で酵素が働きやすい体の深部体温は37.2℃前後で、深部体温が高くなると血液の循環が促進され老廃物の排出が高まります。温められた白湯を飲むことでむくみ・便秘の解消や、冷え性の改善につながります。

 

2.白湯の便利な作り方 2.白湯の便利な作り方


「白湯」の適温の目安は40度~70度くらいです。白湯の温度は、季節に合わせたり体質・体調によって調節することが大切です。
体感的には、マグカップ入れたときに「少し熱いかな」と感じる程度が目安です。体温より少し熱めのお湯を飲むとスムーズに体内に吸収されやすく、健康効果も得やすいです。この適温の白湯をつくる方法がいくつかあります。

 

代謝をあげて痩せやすい体質に(1)水道水を沸騰させて冷ます [不便]

水道水を熱して白湯を作る場合は、沸騰させてから冷まして50度になるまで待ちます。これは、水道水に含まれる塩素や不純物を煮沸消毒するためですが、、沸騰で塩素(及びトリハロメタン)を取り除くには10~15分間必要です。時間もエネルギーもかかってしまいます。

代謝をあげて痩せやすい体質に(2)浄水器を通した水・ミネラルウォーターをレンジで温める[やや便利]

塩素が除去できる浄水器を通した水、または、市販のミネラルウォーターを電子レンジで約1分30秒~3分(500W)温め、適温を探ります。電子ケトルやヤカンで沸騰させたお湯を冷ますよりも少し便利ですね。

代謝をあげて痩せやすい体質に(3)ウォーターサーバー [便利]

宅配水のウォーターサーバーなら、サーバーに冷水・温水機能があるので、冷水と温水を混ぜるだけで簡単に白湯を作ることができます。 宅配水自体がそのそも安価ではないのですが、便利さで言えばお勧めです。

ウォータースタンド(4)ウォータースタンド [更に便利]

ウォータースタンド(水道直結式のウォーターサーバー)の冷水・温水・常温水の機能つきなら、温水と常温水を混ぜるだけで簡単に白湯を作ることができます。宅配水よりもコスパに優れてますので、毎日のお水を美味しく、たくさん飲みたい方にお勧めです。 
《お客様の声》
熱いお茶や白湯が大好きだけど、水道水を電気ポットで温めるのだと臭くて美味しくない。だから臭みをごまかす為についついお茶に偏ってました。ウォータースタンド のナノラピアネオを使い始めてからは、お茶が美味しくなったのはもちろん、いつでも美味しい白湯も飲めるようになって嬉しいです。

美容に効く、白湯(さゆ)の飲み方
美容に効く、白湯(さゆ)の飲み方

 

3.白湯の効果的な飲み方とタイミング 3.白湯の効果的な飲み方とタイミング


白湯で健康効果を得るには、飲み方とタイミングが重要です。
白湯を飲む以前に、人間のからだが1日に必要とする水分量は、体型や男女差よっても差がありますが1.5~2Lです。そのうち白湯は約600~800mlを目安に、3~5回に分けて、少しずつゆっくり飲むようにしましょう。

 

(1)朝の白湯
朝は胃腸が冷えているので、白湯を飲むことで内臓が温まると消化力も高まります。一口ずつ10~20分ぐらいかけて飲むのが理想的です。
朝食の約30分前くらいまでに白湯を飲むと胃腸の消化機能も活発になり、食べたものの栄養素をきちんと消化できるようになります。

 

(2)食後に飲む白湯
食後、胃が落ち着いた状態で白湯を飲むと消化の働きを促してくれるので、最低でも30分経ってから飲むようにしましょう。白湯に限らず、食後すぐに水分を摂ると消化器官の機能低下を招きますので注意しましょう。



(3)夜寝る前の白湯
就寝前の白湯もリラックス効果があるので効果的です。50℃くらいの温度でゆっくりと時間をかけて飲むと、からだも温まり寝つきもよくなります


1日の暮らしの中で白湯を上手に取り入れれば、生活のリズムが整い、オン・オフの切り替えにも生かせます。白湯を飲む時間をゆったりとした気持ちで楽しめるとストレスの解消にも役立ちそうですね。
女性に嬉しい効果がいっぱいの白湯を是非試してみてください。

 

<PR・おすすめコンテンツ>

 

 

4.白湯で体が目覚める理由 4.白湯で体が目覚める理由

白湯はお水を沸かしたお湯を適温まで冷ました飲み物のことをいいます。起きぬけの1杯の白湯は、水よりも人の体温に近いので胃腸への刺激が少なく、スムーズに吸収されます。睡眠から目覚める前にはコルチゾールという覚醒準備をしてくれるホルモンが分泌されます。低体温の人の場合うまく切り替えがいかないため、朝起きたときに白湯を飲むのが効果的といわれています。白湯を飲むことは、体内を活性化してくれるスイッチの役目のようなものです。
また、就寝中の体は体温を調節するため、コップ1杯分もの汗をかいています。失われた水分を補うためにも、目覚めたあとの水分補給は大切です。

 

参考文献

「コップ1杯からのミネラルウォーター活用術」「カンタン!すぐ効く!病気にならない白湯(さゆ)健康法」「白湯ダイエット-カラダの声に耳を澄ましてますか?」「朝の一杯 白湯を飲むだけ健康法」

 

ウォータースタンド活用術ウォーターサーバー浄水器の知識お水の知識お水でキレイに育児でお水環境とお水

  • FaceBook
  • Instagram
  • Twitter
  • Youtube