美容に効く白湯(さゆ)の飲み方

水道直結ウォーターサーバー
ウォータースタンドのある暮らし

更新:

作成:

白湯(さゆ)は美容や健康にうれしい効果がたくさんあると言われています。
ここでは、白湯を飲むとどんな効果が期待できるのか、白湯の正しい飲み方やおすすめの作り方についてもご紹介しています。

美容に効く白湯(さゆ)の飲み方
  1. 白湯にはどんな効果があるの?
  2. 白湯とお湯は違う?
  3. 白湯の効果的な飲み方
  4. ウォーターサーバーで白湯作り
  5. 白湯をよりおいしく アレンジ白湯の効果
  6. まとめ

白湯にはどんな効果があるの?

冷え性や体質改善などに悩む女性を中心に、白湯を飲むだけという手軽な方法は、人気の美容・健康法として実践する人も多いようです。

白湯に期待できることは?

基礎代謝アップ

白湯を飲むと、全身の血の巡りがよくなり基礎代謝が上がりやすくなります。
内臓の温度が1℃上がると基礎代謝が約10~12%上昇すると言われ、脂肪燃焼効果が期待できます。

白湯の効果 基礎代謝アップ

便秘解消

水分を十分に摂ることは、胃腸が刺激されるので腸内環境が整いやすくなります。さらに白湯だと内臓が温まり腸の動きが活発になるため、デトックス効果も期待できます。

便秘解消
冷え性改善
女性に多い冷え性は、寒暖差や胃腸の冷え、自律神経の乱れなどの原因でおきやすくなります。
白湯を飲むと内側から体を温めてくれるので、血流がアップし、冷え性の改善にも効果が期待できます。
冷え性改善

肩こりや腰痛の緩和

冷え性とも関連していますが、体が冷えると血流が悪くなるため、肩こりや腰痛の原因にもなります。
白湯を飲むことで、血流がアップし、肩こりや腰痛の改善につながるとされています。

肩こりや腰痛の緩和

美白や美肌

白湯は体を温め動脈や毛細血管を広げ、血液の流れをよくする働きがあります。
血流がよくなることで、体内の老廃物が排出されやすくなります。
その結果、肌のターンオーバーが整い、肌トラブルの解消にもつながります。

美白や美肌

花粉症の緩和

ウイルス細胞を攻撃する免疫細胞は、体温が36.5℃以上になると活性化するため、白湯を飲んで体温が上昇すると免疫力もアップし、花粉症やアレルギー症状の緩和に期待できます。

花粉症の緩和

白湯とお湯は違う?

呼び方が違っているだけで同じ意味ととらえている人も多いかもしれませんが、白湯とお湯は作り方に大きな違いがあります。

白湯
水を沸騰させた後、50℃程度の温度まで冷ました飲み物のことを言います。
お湯
沸騰までしていないが熱い水のこと。
湯冷まし
沸騰させたお湯を常温に冷ましたもの。

白湯作りは
ウォーターサーバーが便利!

ウォータースタンド

浄水型ウォーターサーバーのウォータースタンドなら、飲みたいときに白湯が飲めます。
水からの沸騰も不要、再加熱も不要のウォータースタンドなら、毎日の白湯生活も続けやすくなります。

白湯の効果的な飲み方

人の体が1日に必要とする水分量は、体型や男女差でも変わりますが、1.5~2Lです。

1日に飲む白湯の目安は約600~800mlなので、3~5回に分けて味わうようにゆっくりと飲むようにしましょう。

白湯の温度は体温よりもやや高い50℃前後。カップに入れたときに「少し熱いかな」と感じるくらいが適温です。

体温より少し熱めの白湯を飲むとスムーズに体内に吸収されやすく、健康効果も得やすくなります。
※白湯の温度は、季節やその日の体調によって調節しましょう。

朝の白湯

朝の白湯

寝ているあいだに失われた水分を補うためにも、朝起きてすぐの空腹状態のときに白湯を飲むようにしましょう。

食前・食後の白湯

食前・食後の白湯

食べたものの消化吸収を促進するという意味から、食事の30分前に白湯を飲むと、消化を 促しやすくなります。
食後は、30分~1時間ほど経って胃が落ち着いた状態で白湯を飲むようにしましょう。

寝る前の白湯

寝る前の白湯

就寝30分程前に飲む白湯は、リラックス効果があります。
体温と同じくらいの白湯を、ゆっくり飲むと体も温まり寝つきもよくなります。

ウォーターサーバーで白湯作り

美容や健康を意識して白湯を飲み続けてみたいけれど、「朝忙しくて白湯を作る時間がない」、「白湯はおいしくない」という方は、お湯や冷水が出るウォーターサーバーならいつでもすぐにおいしい白湯が飲めます。

水道直結ウォーターサーバーで作る白湯作り

水道直結ウォーターサーバーのウォータースタンドは、高機能な浄水フィルターで水道水をろ過し、冷水・温水・常温水をいつでも使えるようにしたウォーターサーバーです。

設置後は、浄水器で白湯を作る場合と比べてみても安全性や時間、手間もかからず、毎日の習慣として白湯生活が続けられるのではないでしょうか。

ウォータースタンドと浄水器を比べた場合

ウォータースタンド 一般的な
浄水器
安全性 ◎:有害物質ともに除去できる △:月齢の低い赤ちゃんには煮沸が必要
時間 ◎:温度設定があるため、温水、冷水を混ぜて使える △:一度沸かして冷ますため時間がかかる
手間 ◎:ボトルの交換の必要なし
◎:フィルターは専門スタッフが定期的に交換
○:2ヵ月から半年ごとのカートリッジ交換の必要あり

白湯を飲んで
美容と健康生活を

白湯の効果を高めるには、毎日の白湯習慣が大切です。

白湯作りを楽にしたい方は、是非ウォータースタンドのウォーターサーバーを利用してみてはいかがでしょうか?

白湯をよりおいしく アレンジ白湯の効果

白湯だけではなかなか飲めないという人には、白湯に風味を加えて飲みやすく、身近な材料で簡単にできるアレンジ白湯をご紹介します。

白湯+はちみつ

白湯+はちみつ

はちみつを加えることで甘みが増し、飲みやすくなります。
はちみつには、殺菌・抗菌作用があり、水分を取り込む保湿作用があるため、喉の不調や痛みを緩和する働きがあります。

白湯+レモン

白湯+レモン

ビタミンCとクエン酸が豊富なレモンを入れた「レモン白湯」は、疲労回復&美肌効果も期待できます。
あれば生のレモンを絞ったものを用意し、なければレモン果汁を使えばさらに手軽にできます。

白湯+しょうが

白湯+しょうが

白湯に生姜を加えれば香りやピリッとした風味の白湯が味わえ、さらに体を温めてくれます。
生姜はすりおろしであれば小さじ1杯程度入れます。なければチューブの生姜を使いましょう。

白湯+スパイス

白湯+スパイス

白湯にスパイシーな香辛料である、胡椒やコリアンダー・クミン・生姜などを加えるのもおすすめです。
粉末スパイスを加えることで満腹中枢が刺激され、食欲抑制効果も期待できます。

※意外な組み合わせでしたが、おいしくいただけました!

まとめ

白湯の効果を高めるには、毎日の白湯習慣が大切です。
手軽な健康法として白湯作りを楽にしたい方は、水道直結ウォーターサーバーで続けられる美容と健康法をはじめてみてはいかがでしょうか。

白湯で期待される美容・健康効果

  • 新陳代謝アップ
  • 便秘解消
  • 冷え性改善
  • 肩こりや腰痛の緩和
  • 美白・美肌
  • 花粉症の緩和

白湯の飲み方

  • 白湯の温度は50℃前後
  • 1日に飲む白湯の目安は約600~800ml
  • ゆっくり味わうように飲む
  • 朝・食前・食後・寝る前などに飲む
参考
  • 「コップ1杯からのミネラルウォーター活用術」馬渕 知子(著)実業之日本社
  • 「朝の一杯 白湯を飲むだけ健康法」蓮村 誠 (著) 日本文芸社
  • 「カンタン! すぐ効く! 病気にならない「白湯(さゆ)」健康法」蓮村 誠 (著)PHP研究所
  • 日経ウーマン「『ショウガ白湯』で温め 解毒ダイエット」https://doors.nikkei.com/atcl/wol/magazine/15/022310058/122500092/
ウォータースタンド 製品ラインナップ ウォータースタンド 製品ラインナップ

< 関連記事 >

ウォータースタンド ガーディアン 日本子育て支援大賞2021受賞
ウォータースタンド資料請求

お電話でのお問合せ 0120- 032 おみず - 114 いいよ

新規お申込みのご相談、故障、アフターサービス、お支払い・契約内容の確認などご相談できます。

お申込み お申込み

各種製品のお申込みページです。

資料請求・お問合せ 資料請求・お問合せ

資料請求、サービスに関するお問合せフォームです。ご相談など、お気軽にお問合せください。