白湯で温活
アレンジ白湯の作り方

水道直結ウォーターサーバー
ウォータースタンドのある暮らし

更新:

作成:

「温活」のひとつに白湯を取り入れてみませんか?白湯は体を温め、体に起きる嬉しい効果があると言われています。
ここでは、白湯作りに便利なウォーターサーバーを使ったアレンジ白湯をご紹介しています。

白湯(さゆ)で温活。アレンジ白湯の作り方
  1. 白湯の健康効果
  2. ウォーターサーバーを使って白湯作り
  3. 飲みやすいアレンジ白湯

白湯の健康効果

朝起きてすぐに飲む白湯は体を目覚めさせる効果がありますが、他にもデトックス効果やさまざまな美容効果があるといわれています。

代謝をあげる

白湯の健康効果 代謝をあげる

白湯を飲むと胃腸などの内臓機能を温められるので、飲んだ直後から全身の血の巡りがよくなります。内臓温度が1℃あがると基礎代謝も約10~12%上昇して脂肪燃焼効果が高まります。

美肌効果

白湯の健康効果 美肌効果

白湯には血液を温めて動脈や毛細血管を広げ、血液の流れをよくする効果があります。血流がよくなることで、デトックス効果が高まり、体内の老廃物が排出されやすくなります。その結果、肌のターンオーバーが整い、肌トラブルの解消にもつながるようです。

便秘・むくみ解消

白湯の健康効果 便秘・むくみ解消

外部温度よりも食べ物や飲み物などの影響を受けやすいのは深部体温といわれる臓器の温度です。体内で酵素が働きやすい体の深部体温は37.2℃前後で、深部体温が高くなると血液の循環が促進され老廃物の排出が高まります。温められた白湯を飲むことでむくみ・便秘の解消や、冷え性の改善につながります。

ウォーターサーバーを使って白湯作り

温水や常温水が使えるウォータースタンドなら、白湯作りも簡単です。白湯の適温は体温よりもちょっと高い50℃前後。カップに入れたときに「少し熱いかな」というくらいです。体温より少し熱めのお湯を飲むとスムーズに体内に吸収されやすく、健康効果も得やすくなります。
※白湯の温度は、季節やその日の体調によって調節しましょう。

飲みやすいアレンジ白湯

アレンジ白湯は、白湯と相性の良い素材を取り入れて、相乗効果があるものをおすすめします。くせのない浄水されたおいしいウォータースタンドのお湯で、冷え性の予防やダイエット効果・美容効果などを高めていきましょう。

白湯+はちみつ

白湯+はちみつ

白湯だけ飲むのは苦手、という方は、はちみつを入れたはちみつ白湯はいかがでしょうか。
白湯とスプーン1杯程度のはちみつをスプーンで混ぜてお飲みください。

白湯+シナモン

ドリップでコーヒー

レモンを絞ったものを用意します。レモン果汁を使えばならさらに手軽です。

白湯+しょうが

ドリップでコーヒー

はちみつは小さじ1杯程度、生姜はすりおろしであれば小さじ1杯程度、手軽に作るならチューブの生姜を使いましょう。

白湯+レモン

ドリップでコーヒー

胡椒やコリアンダー・クミン・生姜などがおすすめです。粉末スパイスを加えるだけでスープを飲んだかのように、満腹中枢が刺激されて食欲も抑えられます。

寒い季節に毎日の習慣として飲みたい白湯。ウォータースタンドで簡単に作れるアレンジ白湯をご紹介しました。日頃から温活のひとつとして白湯を飲んで体を温めることで、冷えなど女性特有の冷え症状を改善していけるといいですね。

参考
  • 「カンタン! すぐ効く! 病気にならない「白湯(さゆ)」健康法」蓮村 誠 (著)PHP研究所
ウォータースタンド ガーディアン 日本子育て支援大賞2021受賞
ウォータースタンド資料請求

< 関連記事 >

お電話でのお問合せ 0120- 032 おみず - 114 いいよ

新規お申込みのご相談、故障、アフターサービス、お支払い・契約内容の確認などご相談できます。

お申込み お申込み

各種製品のお申込みページです。

資料請求・お問合せ 資料請求・お問合せ

資料請求、サービスに関するお問合せフォームです。ご相談など、お気軽にお問合せください。