赤ちゃんに適したお水と水分補給

ウォータースタンドのある暮らし

更新:

赤ちゃんにはいつからミルクや母乳以外の飲み物を飲ませてよいのでしょうか?赤ちゃんは大人より汗をかきやすく、便秘や病気などでも脱水症状を起こしやすくなります。ここでは赤ちゃんにいつからお水を飲ませていいのか、また赤ちゃんが飲むのに適した飲み物などをご紹介しています。

赤ちゃんに適したお水と水分補給
  1. 水選びは新生児から
  2. 赤ちゃんに水を飲ませる時期はいつから?
  3. 赤ちゃんの水分補給のタイミングは?
  4. 赤ちゃんの体調が悪いときは?
  5. 母乳を与えているママも水分補給が大切
  6. 赤ちゃんが飲むのに適した飲み物は?
  7. ウォーターサーバーのある生活
  8. 赤ちゃんのご家庭へおすすめするウォータースタンドは?

水選びは新生児から

成人の体の約60%が水分でできているのに対して、赤ちゃんの体は約75%が水分でできています。新生児では体の約80%にもなり、月齢や年齢が高くなるほど体の水分量が減ってきます。
新生児は体も未熟で消化機能も未発達なので、ミルクの場合は調乳の水、母乳の場合はママの血液から作られるため、ママの飲む水にもこだわりたいところです。

水選びは新生児から

赤ちゃんに水を飲ませる時期はいつから?

赤ちゃんに水を飲ませる時期は、生後3ヶ月以降であれば問題ありません。新生児から生後2ヶ月頃までは赤ちゃんが必要とする水分、栄養はすべて母乳やミルクに含まれているので、無理にお水を与えなくてよいようです。
以前は、生後3ヵ月頃から麦茶や果汁を与えたりしていましたが、味覚の発達や果物によってはアレルギーを起こしやすいものもあるので、飲ませる必要はないとされています。

離乳食で気になる食物アレルギー

赤ちゃんの水分補給のタイミングは?

気温の高い夏やお風呂上りなど、赤ちゃんが汗をかきやすいタイミングでこまめにお水を与えるようにしましょう。
このタイミング以外でも、赤ちゃんが欲しがっている様子があれば水分補給をしてあげましょう。 

はじめて水を与えるときは、スプーンで少量ずつ飲ませてみて、水の味に慣れてきたらスパウトマグなどに入れて飲ませるようにします。スパウトマグのスタートとしては5ヵ月頃が目安となります。

赤ちゃんの水分補給のタイミングは?

赤ちゃんの体調が悪いときは?

赤ちゃんは生後5ヵ月をすぎると体調を崩しやすくなります。熱や下痢の症状があると、おしっこの量が少なかったり、唇が乾燥していたり軽度の脱水症状になる可能性があるので、水分補給を十分にすることが大切です。
母乳やミルク以外で与えるなら、白湯・麦茶・ベビー用のイオン飲料を5~10分おきに少量ずつ飲ませるようにします。ただし体調が回復したらやめ、習慣化しないようにしましょう。離乳食を与えている月齢で食欲があるようなら、一段回前の離乳食に戻して、消化のいいものをやわらかくして食べさせましょう。

赤ちゃんの水分補給が必要なサイン

  1. おしっこの回数や量が減ったとき
  2. 唇の周りが乾燥しているとき
  3. 刺激に対して反応が鈍いとき
  4. ぐったりとしているとき
赤ちゃんの体調が悪いときは?

母乳を与えているママも水分補給が大切

母乳を与えているママは、妊娠・出産していないときに比べると多くの水分を必要としています。妊娠中と同じく、ママが食べたり飲んだりしたものは母乳の中に含まれています。母乳の約90%は水分でできているので、赤ちゃんに1日1,000mlの母乳を与えているとしたら、ママの体からは約90%の水分が消費されていることになります。 赤ちゃんのお世話や家事などで自分のことは後まわしになってしまいがちですが、赤ちゃんのためにもこまめな水分補給が大切です。

授乳中のママの水分補給のタイミングは、授乳後がベストです。母乳として出ていく水分量も考えて、1日約2,000~2,500mlのお水を摂るようにしましょう。

母乳を与えているママも水分補給が大切

赤ちゃんが飲むのに適した飲み物は?

赤ちゃんが飲むのに適した飲み物は?

赤ちゃんが飲む水として水道水をそのまま利用すると、トリハロメタンや塩素といった不純物が含まれている可能性が高いので、何らかの対策をすることをお勧めします。
体が未発達な赤ちゃんは飲み物の種類にも注意を払う必要があります。適切ではない飲み物を与えてしまうと体調不良やアレルギーなどをおそれもあります。

お水以外に赤ちゃんに与えてよいと言われている飲み物は以下を参考にしてみてください。


(白湯)
・基本的に水道水は1歳までは白湯(10~15分煮沸したものを冷ます)にする
・くみ置きした水道水で時間が経ったものは飲ませない
・市販の水は軟水(硬度120mg/l以下)を選ぶ
お茶 ・ベビー用でカフェインの含まれていない麦茶やほうじ茶
・大人用のものはノンカフェインでも水で薄めて飲ませる

ベビー用イオン飲料

・脱水症状をおこしやすい発熱時や下痢のときに飲ませる

果汁

・生後5~6ヵ月以降から絞った果汁を水で倍に薄めて
・糖分が便をやわらかくする効果もあり

ウォーターサーバーのある生活

育児中のご家庭にウォーターサーバーがあると、浄水された冷水・温水がすぐ使えます。赤ちゃんへのミルク作りだけでなく、普段の水分補給や離乳食作りにも便利です。
ウォーターサーバーのお水の種類には、RO水と天然水があります。一般的なウォーターサーバーなら、ほとんどの機種で70℃以上のお湯が出るので、ミルクづくりも簡単にできます。ママと赤ちゃんが安心して飲むことができるおいしいお水です。

ウォーターサーバーのある生活

赤ちゃんのご家庭へおすすめするウォータースタンドは?

赤ちゃんのミルク作りとしてボトルウォーター(宅配水)を始めたけど、「ミルクが終わったから」という理由でやめられる方がいらっしゃいます。
ウォータースタンドなら、定額制で使い放題。卒乳したあとも、離乳食や幼児食にも使える便利な存在です。子どものいるご家庭だからこそ、お子様の成長とともに長くつきあっていけるものがいいですね。 

ミルクの期間が終わってもずっと活躍

ミルクの期間が終わってもずっと活躍
ウォータースタンド ガーディアン 日本子育て支援大賞2021受賞
ウォータースタンド資料請求

< 関連記事 >

お電話でのお問合せ 0120-032おみず-114いいよ

新規お申込みのご相談、故障、アフターサービス、お支払い・契約内容の確認などご相談できます。

お申込み お申込み

各種製品のお申込みページです。

資料請求・お問合せ 資料請求・お問合せ

お水の製品・サービスに関するお問合せフォームです。ご相談など、お気軽にお問合せください。