赤ちゃんには麦茶はいつから飲ませたらいいの?

ウォータースタンドのある暮らし

更新:

麦茶は、赤ちゃんの水分補給や離乳食開始の準備として飲ませてもいいのでしょうか? 赤ちゃんは大人よりも汗をかきやすいので、水分補給には十分に気を付けてあげたいものです。 ここでは、赤ちゃんが麦茶を飲みはじめる月齢、作り方や飲ませ方についてご紹介しています。

麦茶は、赤ちゃんの水分補給や離乳食開始の準備として飲ませてもいいのでしょうか? 赤ちゃんは大人よりも汗をかきやすいので、水分補給には十分に気を付けてあげたいものです。 ここでは、赤ちゃんが麦茶を飲みはじめる月齢、作り方や飲ませ方についてご紹介しています。

  1. 赤ちゃんに麦茶をあげるのはいつから?
  2. 麦茶の作り方
  3. 大人用とベビー用の麦茶の違い
  4. 麦茶を初めて飲ませるとき
  5. 赤ちゃんに麦茶を飲ませるときの注意点
  6. 水道水の味やにおいが気になる方へ

赤ちゃんに麦茶をあげるのはいつから?

一般的に赤ちゃんに麦茶を飲ませてもいい目安としては、離乳食がスタートする生後半年頃からがよいとされています。市販のベビー用の麦茶には「生後1ヶ月頃から」と記載されていますが、母乳やミルクで栄養や水分を摂る時期なので、あえて麦茶をあげる必要はないようです。

赤ちゃんへ与えてもよい飲み物

  • 白湯:水道水を10~15分沸騰させたお湯
  • 湯冷まし:飲める温度まで白湯を冷ましたもの
  • ノンカフェインのお茶:ベビー用の麦茶・たんぽぽ茶・ルイボスティーなど
  • ベビー用イオン飲料:脱水症状を起こしやすい発熱時や下痢のときに
  • 果汁:5~6か月以降からしぼった果汁を水で薄めて

麦茶の作り方

やかんか鍋に湯を沸かし、沸騰したら弱火にしてそのまま*10~15分程度沸かし続けます。 麦茶のパックを入れて3~5分煮出して火を止め、5分ほどしてからパックを取り出します。 水から煮出すと麦茶の成分が変質してしまうので、必ず沸騰してから麦茶パックを入れるようにしてください。
赤ちゃんに飲ませる場合は白湯で2~4倍に薄めてあげるようにしましょう。
*水道水の中に含まれる残留塩素とトリハロメタンを除去させる効果があるため10~15分沸かしたお湯を使うと安心です。

水出し緑茶の効能

大人用とベビー用の麦茶の違い

ベビー用の麦茶は大人用と比べて苦みがなく、薄味です。麦茶はノンカフェインですが、赤ちゃんにとって大人用のものは味が濃く、苦く感じてしまうこともあります。大人用のものを飲ませる場合は、白湯かミネラルをほとんど含まないピュアウォーターを2~4倍に薄めてあげるようにしましょう。

麦茶を初めて飲ませるとき

離乳食と同じで、最初はスプーン1杯から始めて様子をみましょう。赤ちゃんの体調に変化が見られず麦茶を嫌がる様子がなければ、1杯ずつ加えていくことをおすすめします。 赤ちゃんに麦茶を飲ませる時は、寝起きやお風呂上がりなど、水分を欲しがるタイミングであげてみてください。 しばらく麦茶をあげてみて問題がないようであれば、哺乳瓶や赤ちゃん用のスパウトマグや、ストローマグ、コップなどに入れて飲ませてみましょう。そのときも、徐々に量を増やしていくようにしてください。

赤ちゃんに麦茶を飲ませるときの注意点

(1)アレルギーのリスク
麦茶は大麦から作られているので、小麦アレルギーとは直接関係ないとされていますが、アレルギー反応をおこす可能性がないわけではありません。初めて麦茶を与える場合はスプーン1杯から始めて様子を見て少しずつ量を増やしていくようにしましょう。
(2)煮沸していない水道水
水出し麦茶パックがありますが、赤ちゃんに飲ませる場合は沸騰させた水で作るのが基本です。赤ちゃんは胃腸が未熟なため、そのままの水道水では負担になります。水道水を使う場合は、10分以上煮沸したものを使うようにしましょう。
(3)麦茶の保存期間
麦茶は緑茶に比べてカテキンのような抗菌物質がないので傷みやすくなります。煮出して作った麦茶であっても、できるだけその日のうちに飲み切れる量を作りましょう。

水道水の味やにおいが気になる方へ

水道水のカルキ臭など味やにおいが気になり、赤ちゃんにあげるのが心配な方、その都度お湯を準備するのが手間だと思う方にはウォーターサーバーの導入も選択肢のひとつです。 ウォーターサーバーのお水はどれも軟水なので、麦茶作りだけでなく、赤ちゃんのミルクにも、離乳食作りにもそのまま使うことができて時短になります。

ウォータースタンドが、子育て中のママをサポート

妊娠中の水分補給
  • 赤ちゃんのカラダに入るお水にもこだわりを
  • こまめな水分補給をすることで、赤ちゃんの健康を守る
  • ミルク作りや離乳食作りにも大活躍
  • おいしい水でつくる離乳食レシピ公開中

< 関連記事 >

お電話でのお問合せ 0120-032おみず-114いいよ

新規お申込みのご相談、故障、アフターサービス、お支払い・契約内容の確認などご相談できます。

お申込み お申込み

各種製品のお申込みページです。

資料請求・お問合せ 資料請求・お問合せ

お水の製品・サービスに関するお問合せフォームです。ご相談など、お気軽にお問合せください。