赤ちゃんに快適な環境づくり

ウォータースタンドのある暮らし

更新:

ママのお腹から生まれてきた赤ちゃんは、いろいろな面で未熟なところがあります。大切な乳児期の生活環境を整えて過ごすためには、どのようなことに注意をすればよいのでしょうか。
ここでは、赤ちゃんの生活環境と安全対策などをご紹介していきます。

赤ちゃんに快適な環境づくり
  1. 赤ちゃんのこと
  2. 赤ちゃんが過ごしやすい生活環境
  3. 赤ちゃんの安全対策と事故防止

赤ちゃんのこと

赤ちゃんが生まれると、赤ちゃん中心の生活がはじまります。とくに新生児の頃は、1~2時間おきに目覚めて、授乳とおむつ替えの繰り返しです。生活リズムができるまでは、ママもパパも慣れない育児で大変かもしれませんね。ここでは、赤ちゃんの体が大人とどう違うのかをご紹介します。

赤ちゃんと水
赤ちゃんの体を構成している成分で一番多いものは水分で、乳幼児では約80%を占めます。
大人と比べて赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、大人の約3倍も汗をかくと言われています。
腎臓は未熟なため、尿として出ていく水分は体重1キロあたり約3倍程度と言われ、大人以上に水分バランスが不安定になりがちです。
生後4~5か月までの赤ちゃんの水分補給は、母乳やミルクから十分摂れていますが、成長するにつれ、母乳やミルク以外からも離乳食や飲み物からの水分を必要とします。喉が渇いたと伝えられない赤ちゃんは、周囲の大人が気をつけてあげましょう。

赤ちゃんと水

体温調節が苦手
生まれてすぐの赤ちゃんは、自分で体温調節するのが苦手です。意思表示もうまくできないので、暑い寒いも伝えられません。
赤ちゃんは手足で体温調節を行います。夏は裸足でよいのですが、エアコンで空調の効いているお店などでは、靴下を履かせたり脱がしたりして調整してあげましょう。

赤ちゃんは体温調節が苦手

抵抗力が弱くアレルゲンが天敵
赤ちゃんのアレルギーの根本的な原因の多くは、抵抗力が弱く体が未発達だから。赤ちゃんのうちから抵抗力を高めるために、予防接種を受けたり、スキンシップを十分に行なったり、お散歩や睡眠など生活リズムを整えてあげましょう。

赤ちゃんは抵抗力が弱くアレルゲンが天敵

赤ちゃんが過ごしやすい生活環境

赤ちゃんには、1年を通して快適に過ごしてもらいたいものですよね。ここでは、室内での温度と湿度、居住環境などをご紹介します。

温度と湿度
赤ちゃんが過ごすのに最適な温度は、夏は26~28℃、冬は20~23℃を目安と言われています。赤ちゃんは自分で体温調節ができません。すぐ低体温になったり汗ばんだりするので、暑いときは我慢せず、エアコンを活用しましょう。エアコンの風向きを下にし、扇風機を回すことで空気が循環し、部屋全体が涼しくなります。
エアコンは、冷房とドライ機能を上手に使い分けましょう。また、冬は加湿器を使用して、湿度を50~60%に保つようにしましょう。

赤ちゃんが過ごしやすい生活環境

赤ちゃんが過ごす部屋
赤ちゃんが過ごす部屋は、風通しと日当たりがよい安全な場所を選びましょう。また、赤ちゃんの寝ている上部や壁側にはものを置かないようにしましょう。

赤ちゃんが過ごしやすい生活環境

明るさと音
赤ちゃんが生活していく上で、明るさと音は非常に大切です。赤ちゃんがいるからと極端に生活音が聞こえないような環境や、お昼寝のときに部屋を真っ暗にする必要はありません。昼夜の区別をつけるためにも、お昼寝のときは適度な明るさのままで、音も起きてしまうような大きな音をたてなければ大丈夫です。夜は、赤ちゃんが寝てしばらく経ったら電気を消して暗い環境にしてあげましょう。

赤ちゃんが過ごしやすい生活環境

赤ちゃんの安全対策と事故防止

赤ちゃんが移動できるようになると、思わぬ事故がおきる場合があります。赤ちゃんからできるだけ目を離さないようにすることと、安全対策グッズなどで事故防止対策をしておきましょう。

【4か月~】
寝返りが打てるようになると、ベッドやソファから落ちる、動いているうちに電源コードなどに絡まって窒息するといった事故がおきやすくなります。ベッドガードをつける、コードはケーブルボックスにまとめるなど、絡まらない工夫をしましょう。

赤ちゃんの安全対策と事故防止

【8か月~】
ハイハイをするようになると、階段からの転落や、ドアに手を挟む、コンセントの穴に指を入れようとしたりもします。ベビーフェンスやドアストッパー、コンセントカバーをつけるようにしましょう。

赤ちゃんの安全対策と事故防止

【1歳~】
つかまり立ちをして歩けるようになると、高い場所にも目が届くようになります。テーブルやTVボードなどの家具にはコーナーガードやクッション材をつけておきましょう。

赤ちゃんの安全対策と事故防止

【その他】
赤ちゃんにとってキッチンは危険が最も多いところです。洗剤の誤飲、熱くなった調理器具や電気ポットなどのやけどについても注意しましょう。

水道直結ウォーターサーバー ウォータースタンドでは、赤ちゃんの危険防止のためにチャイルドロック(温水ロック)機能が備わっています。

赤ちゃんの安全対策と事故防止

\ 乳児をもつママさんやプレママさんにオススメ /

実際にご使用中の方から「使って良かった!」と言われるウォータースタンドのウォーターサーバーを、妊娠や育児、普段の家事の便利グッズのひとつとして、検討してみてはいかがでしょうか。

お客様の声
参考
「ママとパパのはじめての妊娠・出産事典」
東京都「赤ちゃんのための室内環境」
東京都福祉保健局「健康・快適居住環境の指針(平成30年度改訂版)」
ミキハウス出産準備サイト(https://baby.mikihouse.co.jp/information/post-4691.html)
生活協同組合おおさかパルコープ水分と乳幼児、大切なこと(https://www.palcoop.or.jp/kosodate/mclub/2020/02/post-51.html)
LIFE-DESIGN-Lab(https://life-design-lab.com/interior/baby-room/)
ウォータースタンド ガーディアン 日本子育て支援大賞2021受賞
ウォータースタンド資料請求

< 関連記事 >

お電話でのお問合せ 0120-032おみず-114いいよ

新規お申込みのご相談、故障、アフターサービス、お支払い・契約内容の確認などご相談できます。

お申込み お申込み

各種製品のお申込みページです。

資料請求・お問合せ 資料請求・お問合せ

お水の製品・サービスに関するお問合せフォームです。ご相談など、お気軽にお問合せください。