s

冷水で作る水出し茶の効果

ウォータースタンドのある暮らし

更新:

夏の水分補給にもおすすめの『水出し茶』は、お湯で入れるよりもうま味豊かでカフェインが少ないのが特徴です。そのため妊婦さんやお子さまも安心して飲むことができます。 また、緑茶を水で入れることで、体の免疫機能を活性化するという研究報告があることでも注目されています。 ここでは、水出し茶の魅力と効果をご紹介していきます。

  1. 水出し茶で免疫力アップ
  2. 水出し茶で甘みとうま味がアップ
  3. 水出しでビタミンCがアップ
  4. 水出し茶の作り方
  5. 水出し茶のアレンジ
  6. ポイントはお水の種類
  7. ウォーターサーバーがあるともっと手軽に

水出し茶で免疫力アップ

茶葉にはポリフェノールの一種である『カテキン』が含まれていることはご存じのことと思いますが、中でも水出しすることで豊富に抽出される『エピガロカテキン(EGC)』は、さまざまなウイルスから体を守る働きがあるといわれています。

お茶に含まれるカテキンは4種類

  • エピガロカテキンガレート(EGCG)
  • エピカテキンガレート(ECG)
  • エピガロカテキン(EGC)
  • エピカテキン(EC)

夏は猛暑によって、睡眠不足や免疫力が下がりウイルスへの抵抗力が低下しがちです。 エピガロカテキンを摂取すると体内の免疫細胞が活発になります。感染症の病気にかかりにくくなり免疫機能の活性化、動脈硬化などにも効果が期待されるといわれています。

  • Pointお湯で入れた緑茶を冷ますのではなく、冷水でお茶を入れる。

水出し茶で甘みとうま味がアップ

緑茶の味はカテキンの渋みやカフェインの苦み、テアニン(アミノ酸)の甘みやうま味で決まります。高温で溶けやすい性質を持つカテキンやカフェインは60℃以上になると多く抽出され、渋みや苦みの強い味わいになります。 一方、低温で水出しすることでカフェインが抑えられ、テアニン(アミノ酸)が豊富に含まれているので、甘みやうま味が増します。

水出し緑茶の効能

水出しでビタミンCがアップ

緑茶の中で、ビタミンCが一番多く含まれるのは煎茶です。緑茶に豊富に含まれるビタミンCは熱で壊れやすいのですが、水出しすることでビタミンCをしっかりと抽出することができます。ビタミンCは、活性酸素を除去する抗酸化作用があるため、美容に気をつけている方にとっても最適な飲み物です。

水出し茶の作り方

ここでは、ウォータースタンドのお水を使った水出し茶の作り方をご紹介します

茶葉を使って本格抽出

茶葉を使って本格抽出

■作り方
① 500mlのポットに茶葉を約5g入れる。
② 水と氷を注いだら冷蔵庫で約1~2時間冷やす。

茶葉が完全に開くまでは、お水や氷を次ぎ足せば最後までおいしく飲むことができます。

ゆっくり時間をかけて作る「氷出し茶」

ゆっくり時間をかけて作る「氷出し茶」

■作り方
① 急須や浅い器などにお茶の葉4gを入れる。
② 茶葉の上に氷60g程度をのせる。
③ 氷が溶けだしてきたら完成。

氷でゆっくり抽出すると、うまみ成分「テアニン」だけが抽出され、とても濃い味の冷茶が作れます。一気飲みするというよりは、お猪口などで少しずつ楽しみます。氷の量を変えることで好みの濃さに変えることもできます。

ティーバッグで時短水出し

ティーバッグで時短水出し

■作り方
① 1リットルのガラスポットに水とティーバッグ2袋を入れる。
② ティーバッグを取り出してよく混ぜる。
③ 冷蔵庫で1~2時間冷やす。

ティーバッグは個包装なので、いつでも新鮮な状態でお茶を楽しむことができます。茶葉の処理が必要なく、使用後も簡単に捨てることができます。最近では急須と同じくらい上質で本格的な味が楽しめるようになっています。

お出かけの前のマイボトルに

お出かけの前のマイボトルに

■作り方
マイボトルにティーバッグや粉末のお茶を入れ、常温水または冷水を入れる。 抹茶粉を少量入れると色も見た目も鮮やかになります。

保冷ボトルでなくとも、お出かけ前に氷を入れておくと長時間冷たいお茶を楽しむことができます。最近では、マイボトル用の粉末スティックタイプも販売されているので、お好きなお茶を選んでみるのもいいですね。

水出し茶のアレンジ

グリーンティーソーダ

グリーンティーソーダ

■作り方
① 茶器に抹茶2gとぬるま湯大さじ1を入れて茶筅等で混ぜる。
② グラスに氷と①を入れて、ソーダ水を注ぐ。(お好みでガムシロップを入れても)
③ レモンの輪切りを入れて完成。

フレーバーティー

フレーバーティー

■作り方
① 作っておいた水出し緑茶に、お好きなフルーツやハーブを入れる。
② 風味が出るまでしばらく待つ。

※画像はオレンジとミントの組み合わせ

Q1.茶葉の選び方は?
茶葉の代表的な有効成分である「カテキン」が最も多いのは煎茶です。深蒸し茶がおすすめですが、お好きな風味のものを選ぶとよいでしょう。
Q2.ペットボトルの緑茶でもいいの?
ペットボトル入りの緑茶は手軽で便利ですが、お水で入れた緑茶に比べるとカテキン量がかなり少なくなります。
Q3.どれくらい飲めばいい?
健康効果があるとしても摂りすぎはよくありません。食事タイムに合わせて1日3杯程度からはじめてみましょう。
Q4.作り置きはいつまで?
お茶の成分が変性したり、雑菌が入ったりする危険性があるので、1日分をその都度作るようにしましょう。
水出し緑茶

ポイントはお水の種類

水出し茶を美味しく簡単に作るには、使うお水にも気をつけたいですね。お茶にはミネラル分の少ない「軟水」が最適です。軟水を使うことで緑茶のうま味、渋み、苦みがバランスよく味わうことができます。 日本の水道水は軟水なのでお茶を入れるのに使用しても問題はありませんが、消毒のためにカルキが含まれています。一度煮沸して冷ましたものを使うことでカルキ臭が抜けますが、その都度お湯を沸かす手間があります。

ウォーターサーバーがあるともっと手軽に

そんなときに、ウォーターサーバーの水と緑茶とは非常に相性が良いです。 高機能浄水性能搭載のウォータースタンドは、機種にもよりますが、温水・冷水・常温水が選べますのでお茶を入れるのに非常に適しています。

お茶を飲むときには、茶葉だけでなく使うお水に対しても意識してみると、普段とはまた違った味わいを感じることができるかもしれません。ぜひ美味しい冷茶をお試しください。

使用機種

  • ナノラピアガーディアン
  • ウォーターサーバーがあるともっと手軽に

    まとめ

    • カフェインの量が抑えられるので就寝前や妊婦さん、お子さまにも安心
    • インフルエンザや風邪などのウイルス性疾患の予防に期待ができる
    • ビタミンCが壊れることなく抽出される
    • 免疫機能の活性化、動脈硬化などにも効果が期待

    < 関連記事 >

    お電話でのお問合せ 0120-032おみず-114いいよ

    新規お申込みのご相談、故障、アフターサービス、お支払い・契約内容の確認などご相談できます。

    お申込み お申込み

    各種製品のお申込みページです。

    資料請求・お問合せ 資料請求・お問合せ

    お水の製品・サービスに関するお問合せフォームです。ご相談など、お気軽にお問合せください。